リール:オシアコンクエスト300HGレビュー!

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 15 オシアコンクエスト 300HG 右ハンドル

新品価格
¥38,597から
(2018/5/11 18:51時点)

 

こんにちわ。あっくんです。

今回はシマノの2015年型のオシアコンクエスト300HGのレビューですね。

オシアコンクエストは200サイズにPGとHG、300サイズにもPGとHG、それぞれ左巻き用と右巻き用というラインナップです。

PGはパワーギア、HGはハイギアという意味です。

パワーギア、ハイギアの違いは前述したツインパワーの記事を見て頂ければわかるかと思います。

 

なぜ300HGを購入したか

なぜ300HGを購入したかというと、まず私自身両利きなのですが、リールは右巻きが好きなのでそこは左巻きの301じゃなく、300にしました。

そしてワンピッチからスロージギングまで、1台で幅広く対応したい、ということでハイギア。

パワーギアでもスロー系ジギングできないわけではないのですが、ワンピッチでやる場合に巻き量がちょっと少ないかなとも思い、ハイギアにしました。

そして、なぜ300サイズより軽い200サイズにしなかったかというと55gの差は私にとってそんな苦ではないし、中深海ジギングや遠征で、糸のキャパシティーを確保したいなと思っての300サイズ。

 

300HGにした決定的な理由

そして300HGにした決定的な理由は以下の3つ。

200サイズも300サイズもスプールの幅が違うだけで大きさが一緒なので、オシアカルカッタのように200と300でパーミングプレートの高さが違うわけじゃないということ!

なのでパーミングした時に200も300も同じ感覚でパーミングできちゃうわけなんですね。

そして300HGにしたもう一つの理由は、ハンドルノブの形状が200HGと違うという点ですね。

200HGは丸形ハンドルノブ、300HGはT型ハンドルノブを採用しています。

これは人の好みにもよると思いますが、スロー系ジギングをやる場合は個人的にはT型のほうがアクションがつけやすいのでスロー系での使用も検討していた私はT型ハンドルノブがついてる300HGにしました。

 

T型ノブが好きな自分は譲れませんでした(笑)

まあ200HGのCI4+のカーボンの丸形ハンドルノブも軽くて頑丈で握りこみやすそうでよかったのですが、やっぱりT型ノブが好きな自分は譲れませんでした(笑)

そして300サイズは、レベルワインド連動を採用しているということ!

200サイズで狙うよりも、より大きな魚をターゲットとしている300サイズはそれに合わせて使用するメタルジグも重くなる場合があるので、このレベルワインド連動機能があると非常に助かります。

ドラグをガンガン出す大型の魚相手のファイトでドラグの滑りもよりよくなる、糸の放出がまっすぐになるので感度もよくなる等のメリットがあります。

 

とにかくすごいリールですね。

次に使ってみた感触ですが、スロースタイル、ワンピッチ等様々なジギングで使いましたが、とにかくすごいリールですね。

さすがシマノの最上位ベイトリールの一つだなと思いました。

X-SHIPだのドライブギアの強化だのマイクロモジュールギアだのシマノテクノロジー満載で下位互換のオシアカルカッタも持ってますが、全然違いますね。

シマノテクノロジーが如何にすごいか、身に染みて実感できますね。

 

ストレスを感じることがありません

4~5キロのカンパチ、大型の太刀魚、シーバスやカツオ、ワラサなどいろいろな魚種を釣ってきましたが、どれを釣ってもストレスを感じることがありませんでした。

ストレスどころか余裕すら感じるレベルでした。

正直屋久島のジギングでこの手のレベルワインド付き小型ベイトリールにPEの1.5号という細糸でカンパチに立ち向かうのは不安でしたが、カンパチを掛けた後のレベルワインド連動機能やスムースなドラグ、パワフルで軽快な巻きでこれらの不安は一気に吹っ飛びましたね。

 

ほとんどの近海でのジギングシーンはカバーできてしまう

日本の近海でのジギングであれば、この頑丈で高性能なリールがあればほとんどの近海でのジギングシーンはカバーできてしまうと思います。

ジギングのみならず餌釣りでも有効ですね。

しかし、ヒラマサや大型のカンパチをコンスタントに狙う場合は、いくらレベルワインド連動機能、パワフル、軽い巻き心地があるこのリールだと少し厳しいかなと思います。

もし大型のカンパチやヒラマサをコンスタントに狙われる場合は、やっぱり

17オシアジガーやソルティガベイトにしたほうが良いと思います。

というのもドラグ力はジガーのほうが上だし、オシアコンクエストに搭載されているX-SHIPやマイクロモジュールギアも搭載されており、レベルワインダーがないので、少し重量があってもジガーのほうが大型相手には向いていると思います。

 

不意の大物が食ってきてしまった場合でも

ただ近海で、不意の大物が食ってきてしまった場合でも、オシアコンクエストなら対処できると思います。

以上、オシアコンクエスト300HGのレビューでした。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください