シマノ ストラディック4000XGM レビュー!!

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ストラディック 4000XGM

新品価格
¥16,970から
(2018/5/24 06:16時点)

 

どうもーこんにちわ!あっくんです。

今日はシマノ ストラディック4000XGMのレビューをしていこうかと思います。

XGはエクストラハイギアという意味で、Mはミッドシャロースプールの頭文字です。

ハンドル1回転で99cm回収できる

ライトショアジギングやシーバスゲームを時々やる私からするとハンドル1回転で99cm回収できる4000XGMは魅力的でした。

ミッドシャローということで糸の容量はほかの番手より若干少なめです。

なぜミッドシャロースプールが搭載されてるXGMにしたのかというと

単純に下糸を巻くのが面倒だったからです(笑)

PE1.5号前後でゲームを組み立てる私にとって、1.5号が200mぴったり入るのは非常に魅力的でした。

 

ファイトも安心してできます。

おかっぱりシーバス、ボートシーバス、ライトショアジギング等色々使っていますが、巻きはシマノならではのオイル駆動感がありXGにしては軽く、魚をかけてからのドラグの滑り出しも至ってスムース、ファイトも安心してできます。

中価格帯のリールでこのクォリティーはすごいですね。

X-SHIP コアプロテクト HAGANEボディ HAGANEギア等々色々、シマノの最新テクノロジーが満載されており中価格帯リールにしては贅沢すぎます(笑)びっくりですね。

 

中価格帯なのに贅沢

中価格帯なのに贅沢な内容、これに惹かれて購入してしまいました。(笑)

これからシーバスとかライトショアジギングを始めてみたい という方には

下手に低価格帯リールだとかエントリーモデルは買わずに少し予算を増やして、これ買って長く使ったほうが良いのではないかと思います。

たまにストラディックがあれば今更無印ツインパワー買う必要がない

と、ストラディックに過剰な高評価をする人がいますが、

確かにストラディックは無印ツインパワーに迫るものはあるけども

ストラディックはストラディック、TPはTPかな、と思います。

 

ツインパワーをストラディックが越える事はできないかなあ

ツインパワーをストラディックが越える事はできないかなあというのが

個人的な感覚ですね。

 

ストラディック、最近はラインナップも増えてストラディックCI4やストラディックSW(当時なかったけど)も出てきましたがなぜ軽量なCI4の方を買わず、無印ストラディックにしたか、というとライトショアジギングもやりたい、要するに重いジグを投げるタフな釣りもしたいという事だったので、HAGANEボディが搭載されている、無印ストラディックにしました。

 

ストラディックCI4の方はHAGANEボディが搭載されてないんですよね。確か。

そうすると剛性、耐久性の面では無印ストラディックのほうが頑丈なのかなと、

なんとなく思い、無印ストラディックを選択。実際はどうか知らんけどね。

シーバスとかトラウトとかそこまでタフさが要求されない釣りをする場合は断然CI4を買ったほうがいいでしょうね~。

後ストラディックSWがすごく気になっております(笑)

オフショアのサブリールとして8000HGとか14000XGとかラインナップが増えたら絶対買っちゃうなあ(笑)

 

ということで、ストラディック4000XGMのレビューでした。

ご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください