東京湾の怪物、『クロアナゴを釣る』②~実釣編~と少し料理と反省。

 

 

こんにちわ。あっくんです。

報告遅れてすみません。

此間のクロアナゴジギング(?)の実釣をして参りましたので

それに関して書いていこうと思います。

 

今回は深川吉野屋さんでお世話になりました。

 

まず夕方の5時出船、ポイントの本牧沖まで1時間程走りました。

で、ポイント到着、シーアンカーを打ってから釣り開始。

 

釣り方は海底をコツコツと叩く。10cm上げて落としの繰り返しが有効だ、と社長から聞いたのでそれに倣いました。

ヒラメやマゴチの釣り方に似てますね。

 

タックルはツインパワーSW10000PGを青物ジギングロッドにセットしたもの。

スパンカーを立てて反応の上に船を乗せ続ける、

というよりもシーアンカーうってポイントを釣る、と言った感じでした。

で、最初のポイントは船中で1,2本釣れたぐらいで不発。

 

そして200mぐらい走った次のポイントへ。

事前情報では日が暮れると釣れなくなると聞いていたので

早速焦り始める私(笑)

なので細糸を巻いたベイトのライトタックルにチェンジ。

そしてポイント移動後、10分ぐらい経過した辺りからぽつぽつと周りでも釣れるように。

 

そして私にも、メタルジグが海底を叩いた瞬間にヒット!

したのですが、乗らず。

ヒットレンジが、ベタ底だと掴めたので、上げのアクションはあまりせず、船の揺れだけで竿がアクションするようにチェンジ。

餌を付け直し、再投入したら即ヒット!

この最初に釣れた1本が、その日私のビッグワンでした(笑)

5キロは余裕であったかな?7キロぐらいに迫る重さでした。

 

で、ここでちょっと反省したことがあります。

 

この日ショックリーダーは1.5mぐらいしか巻いてなかったのですが、

クロアナゴはタモ網に入らないため、船員さんがリーダーを手繰り寄せて、

ルアーを掴んで、船に放り込むんですよね。

なのでショックリーダーは3mぐらい巻いておくと親切ですね。

 

そしてベイトタックルで立て続けに3、4本釣りました。

で、4本目か3本目釣った辺りで、糸が切れていたのを気付かず、

再投入しようとしたら竿にテンションが掛からず、あれ?って思ったら

オシア スティンガーバタフライショートを海に投棄してしまいました(笑)

で、最初のツインパワーSWのタックルにチェンジして、3本ぐらいキャッチ。

 

そして帰港。

1時間半ぐらいの釣り時間で、私が7本、船中で70本釣れるという大爆釣デーでした。

 

深川吉野屋クルーが一人2本までさばいてくれる

で、深川吉野屋クルーが一人2本までさばいてくれるという親切対応。

私もさばいてもらいました。

ちょっと注意してもらいたいのが、クロアナゴは釣った直後はリリースしてはいけないようです。

リリースしてしまうと食いが悪くなるらしいです。

 

なので釣りが終わったタイミングまで生かしておいてリリースします。

それと、出船前に船長さんから注意を受けていたのですが、クロアナゴから

針を外す際は、必ずプライヤーで。

 

指無くなるからね!

手を魚体の口元にもっていっちゃいけないよ、指無くなるからね、と。

指無くなるなんて大げさな事言うなあ とか思って私は1本目釣った後

手で針外しを敢行するのですが、かまれてしまい指が抜けなくなり

船長さんにプライヤーで口をこじ開けてもらい、何とか指救出できました。

 

この魚の顎の力は半端ではなかったです。

 

船長さんの言うことは大げさではありませんでした(笑)

こりゃ指なくなるわ、と思いましたね。

 

抜こうと無理やり引っ張りだそうとしたら皮膚が削れる感覚あったし、

抜けた後指を確認したら親指の爪が軽く割れてました。

なので皆さん注意してくださいね。

 

この日の釣りの振り返りと反省・・・

餌はサバの切り身とイカの切り身の二つを用意してもらったのですが、

どちらも同じぐらい食ってきたので差はたいしてありませんでした。

 

ただどんなジグを使ったかで、結構釣果の差は出ましたね。

隣の人はふつうのメタルジグで、3、4本釣ってたのですが、

この日私は夜だし、水深も30m程あるしグロー系ルアーだけを使って7本釣ったので、クロアナゴ釣りにはグロー系ルアーが有効なんだなと認識しました。

 

常にグローが有効かはわからないですが。

後、準備編で、メジ・カツオゴールドのほかに、ジギング用アシストフックも用意してましたが、あれは使わないほうがいいです。

なぜかというと、船員さんが手で陸揚げします。

 

なのでツインのアシストフックを使ってしまうと、魚体に1本しか針が刺さってない時、もう一方のフックが暴れるので船員さんの手を刺すリスクが出てきます。

なので、必ずシングルフックを使ってください。

ここはもうツインのアシストフックを用意した私は大反省。

アシストフックの出番は幸いなかったけど。

 

そして料理・・・

クルーにさばいてもらったのとは別に数本持って帰ってみましたが

ヌルヌルしてるわ、骨だらけだわ、で捌くのが非常に大変でした。

捌くというよりも、むしろ解体でしたね。(笑)

 

話では魚体の表面のヌルヌルが食べる際臭みになるみたいなので

タワシ等でこすったほうがいいですね。

で、実際に塩焼きにしてみましたが、骨だらけで食べづらいし

 

ゴムのような食感でした。

塩焼きにすると大して美味しくない。

深川吉野屋社長は、この魚はフライにするか、ちゃんと料理できる人の所にもってきな、

 

でないと食えたもんじゃないよ みたいなこと言ってたので、

次に深川吉野屋社長が言っていた様にフライにしたら、

これは美味しかったです。相変わらず骨のせいで食べづらいが。

そして最後に余った身で贅沢に出汁を取ってスープにしてみました。

↓こんな感じで。

 

味は良かったです。

なんというか、この魚の本来の味が良い意味で出てる、というか。

そして少し癖があるのが大人っぽい味を演出してくれました。

またこの魚を釣りに行きたいか、と言われたらしばらくは行きたくないですね。

釣り自体は楽しかったのですが、帰ってからの手間で釣りの楽しさ吹き飛びました。(笑)

 

ということで、実釣から反省、料理まで長々と書きましたが、

ご覧いただきありがとうございました。

 

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください