東京湾タチウオジギング お勧めメタルジグ6選!

どうも、こんにちわ、あっくんです。

いよいよ6月ですね。

6月というと本格的に東京湾の太刀魚ジギングが始動するシーズンですね。

東京湾最強の太刀魚攻略ルアー

それに合わせて今回は、私の経験則上、東京湾最強の太刀魚攻略ルアーを6個紹介して行きたいと思います。

まずは、こちら。↓

シマノ(SHIMANO) メタルジグ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン 108mm 90g マグマイワシ 24T JT-709L ルアー

新品価格
¥968から
(2018/6/1 13:34時点)

シマノ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン

ですね。

確か12のカラーバリエーションと重量は50g~200gまであります。

昨年、タチウオ専用カラーっていうのがいくつか登場して現在の12色に。

 

シマノのジグって決して安くないんですが、このセンターサーディンは

比較的低価格なんですよね。

タチウオのジギングはタチウオの鋭い歯で糸を切られ、ジグをロストする可能性が高いので、低価格だとロストしても精神的ダメージは少なくて済みますね。

 

低価格だからいいのか?

というと、それだけではありません。

東京湾だとこのジグは、タチウオのみならず、シーバスのジギングなんかにも使うのですが、ポイント到着したら真っ先に投入するのがこいつです。

 

なぜか、というのもこのジグをざっくり表現するなら、

「特徴がないのが特徴」みたいなメタルジグなんですよね。

 

フォールは早くもなく遅くもなく、上げのアクションも下げのアクションも

派手過ぎず、地味過ぎず、といった感じです。

なので、まずこいつを投入して早いフォールで食うのか遅いフォールで食うのか、

上げのアクションで食うのか下げのアクションで食うのか、

この1本を投入してから一切の情報を収集します

 

そんな感じでパイロット的に使うのですが、この特徴ないのが特徴みたいな動きをするこいつ、なぜか知らないがタチウオがよく食ってくるんですよね。

なので非常にお勧めです。

アクションを簡単に説明すると、上げのアクションは比較的スライドアクションで下げのアクションは、リアにフックを付けた場合は長時間の水平姿勢を維持します。

上げのアクションでそこそこなスライドアクションをするのでテールに針を付けた場合は、テーリングしやすいので、ロッドアクションの初速は抑え気味にしたほうがいいです。

まあ青物狙いでセミロングジグ的に使う場合はリアフックいらないんですけどね。

 

ジャッカル アンチョビメタル

タイプ0

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ アンチョビメタル タイプゼロ 80g レッドゴールドストライプ ルアー

新品価格
¥578から
(2018/6/1 13:36時点)

アンチョビメタル・・・タチウオフリークなら誰もが知ってる有名ルアーですね。

アンチョビメタルはタチウオ攻略だったらどれもお勧めですが、特におすすめするのが、こいつ タイプ0 と タイプ2。

 

 

これも先述したセンターサーディンに比較的動きが似ています。

特徴がないのが特徴みたいな。

これとセンターサーディンの違いは、こっちのほうが潮絡みが若干良いってことと、テーリングがセンターサーディンよりし辛い、という点。

 

で、センターサーディンよりシルエットを小さくしたい場合はこっちを使います。

フォールの水平姿勢の維持時間で言えばセンターサーディンのほうが長い気がしますし、スライドアクションもこっちはたいしてしません。

センターサーディンで良くヒットする場合は、あえてこっちにチェンジして、テーリングの確率を減らして手返しをよくして、こっちで数釣る みたいな時も

多々あります。

後アンチョビメタルも親切価格ですよね。

 

デュエル ヨーヅリ ブランカ

YO-ZURI(ヨーヅリ) メタルジグ ルアー ブランカ タチ魚SP ゼブラ 150g 125mm ゼブラレッドパール ZRP

新品価格
¥882から
(2018/7/4 21:47時点)

 

私の東京湾釣行で絶対外せないルアーですね。

多分東京湾で最も釣れたルアー

このデュエル ヨーヅリ ブランカシリーズですね。

 

もし東京湾のジギングでルアーを

1種類しか持っていけないと言われたら

間違いなくこれ持っていきます。

 

これ、タチウオのみならずシーバスもバコバコ釣れます。

アクションは非常にオーソドックスなメタルジグ。

上げのアクションも下げのアクションもオーソドックス。

なんか経験則上、東京湾のタチウオってワンピッチでやる場合は

極端に派手、あるいは極端に地味なアクションするルアーよりも

こうゆうオーソドックスな感じのジグが1番釣れるんですよね。

 

ヒラジグラCWとかさ。

もし、東京湾タチウオ挑戦したいけど、資金的に余裕がなくてジグをそろえられない、というならヨーヅリブランカだけもってけばOKです。

それぐらいこいつはよく釣れます。

後、写真に写ってるブランカはタチウオSPっていうシリーズなんですが、

構造はノーマルのブランカと一緒です。

 

カラーがタチウオ専用になってるっていうだけで。

しかしこのブランカ タチウオSP、どの色も強いですが、特にこのレッドゼブラは僕の中で1番タチウオを掛けたカラーです。

ブランカ タチウオSPは 赤 紫、ピンク系が良く釣れます。

オレンジはなんか東京湾では反応いまいちなんだよね。釣れない事はないんだけど。

 

ジャッカル

アンチョビメタルタイプ2

 

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ルアー アンチョビメタル タイプII 250g ステルスブラック

新品価格
¥1,069から
(2018/6/1 13:43時点)

 

ワンピッチで先述した3つのルアーで釣れない時、私はこれをスローアクションで使って、食い渋りの時は対応してます。

 

食い渋りの時、これでスロー系ジギングやると大体外れません。

 

引き重りは強いですが、ワンピッチで使うわけではないのであまり気になりません。

 

このアンチョビメタルタイプ2のブラックは最強です。

 

写真だと分かり辛いかもしれないですが、白くなってる部分全てタチウオの歯形です。

 

東京湾でタチウオジギングやるけれども、基本スローでやる人はこれを用意すると大丈夫だと思います。

 

というかタチウオ狙いでテールに針付けてこれでワンピッチなんて、とてもじゃないけどテーリングしまくってお話にならないので、スローで使うのが正解なんでしょうね。

 

アクションは、上げのアクションは重く鈍い上がり方、そしてフォールは非常に遅く水平姿勢の維持時間も非常に長い感じです。

きっとこの上げも下げも遅いってのが食い渋りの太刀魚には有効なんでしょうね。

これもアンチョビメタルシリーズの例にもれず親切価格です

 

で、スロー系する人にお勧めなもう1本がこちら。↓

マグバイト スコップジグ

HARIMITSU(ハリミツ) メタルジグ ルアー スコップジグ MBJ01 #01 アカキンゼブラ 100g

新品価格
¥820から
(2018/6/1 13:44時点)

兎に角アクションがトリッキーです。

で、フォール速度と上げの速度はアンチョビメタルタイプ2に似てます。

単調なアクションでタチウオが食わない時はこれを頻繁に使ってます。

ワンピッチでも、アンチョビメタルタイプ2でも食わない時はこれ投入すれば

 

なんとかなります。

最強の代打ですね。

価格も親切ですよ~。

 

 

メガバス スラッシュビート

メガバス(Megabass) メタルジグ SLASH BEAT BACK SLIDER(スラッシュビート バックスライダー) 180g バイオレット

新品価格
¥1,145から
(2018/6/1 13:45時点)

バス製品に注力してる会社のソルトルアーが本当に釣れるのか、最初不安でしたが、これかなり釣れます

もしかしたら、東京湾タチウオジギングで、ブランカの上位互換になるんじゃないか、というぐらいの勢いでよく釣れます。

 

カラー展開もブラックや、ピンク、紫など東京湾タチウオでドストライクな、

カラーラインナップ。

 

特にこの写真のは紫とピンク2色だから贅沢ですね。(笑)

アクションは、上げのアクションはブランカの水切り性能をそのままよくした感じ。

で、フォールはスライドフォール。

ブランカはちょっと厚みなので、上げのアクションで波動が出過ぎて、タチウオが怖がってるんじゃないかなって時は、細身のこいつにして、波動の出方を抑えてます。

 

ワンピッチで釣れてる状況で、ブランカでいまいち食いが悪い場合、こいつに変えた途端爆釣とか、ざらにあります。

と、まあ以上東京湾最強タチウオ攻略ジグを紹介したわけなんですが、

ここで説明したアクションはあくまで僕のタックルだからできるアクションであって、みんながそのアクションを演出できるかは、わかりません。

 

使う竿、糸の太さ、針のセッティング、などなどの条件で同じルアーでもアクションが変わったりしますので、アクションの説明は参考程度にしておいてください。

ご覧いただきありがとうございました。

また近々更新しまーす!

 

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください