皆様、お久しぶりです。近況報告! 2019/7/13東京湾タチウオジギング!

皆様、ご無沙汰しておりました!あっくんフィッシングチャンネルのあっくんです!

ここしばらく忙しかったのと、ブログの管理が甘く、システムの更新等ができておらず、こちらでのブログでのデータが飛んだりして、それが面倒くさくて活動などを放棄しておりました。

しかし最近、忙しさや疲労からも解放されつつあるので、
再びこちらの不定期更新を再開していきたいな、と思っております。

Youtube等での活動も、今年春ぐらいには再開をしていきたいと考えていましたが、当面まだまだリスタートできなさそうです。

Youtubeとかは適当な思い付きで適当にやっていたので、もし改めて、活動するならしっかりしたものしたい、ということで現在整理中です。
340人前後の視聴者様、もうしばしお待ちください・・・。

で、今回はタイトルにあります通り、先週末、久しぶりの東京湾でのタチウオジギングに行ってまいりました!

船宿はいつも東京湾のジギングで、お世話になっている
【深川 吉野屋】さんです!
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/
(たびたびこちらの船宿は紹介させて頂いてますが、あらためて・・・)

当時の状況としては・・・
前後の釣果情報は、いつも通りの調子いい夏タチの時期やなあって感じでした。
初心者や慣れない方もとりあえず、釣れてるし、上の釣果は30匹前後といった感じでしたね。

で、当日の天気は軽い曇りで、ちょこちょこ日差しがでたり・・・
夕方になるにつれ雨が軽ーく降る感じ。

釣り場は走水ではなく、ほとんど海堡周りを小移動を繰り返すスタイルでした。

ただ、夏休みだし、土曜日だし~で、タチウオは2隻出船。
しかもほぼほぼ満員。自分は朝早くから、釣り場について、釣り座を抑えるタイプの人間じゃないので、出船30分ぐらい前に入って、ケンゴ船長の23号船の右舷の前より真ん中が開いていたので、そこを釣り座にしました。

持って行った道具は・・・
こちら!



左から
ロッド:メジャークラフト  NJB-63M/TJ (現行)
リール:ダイワ ソルティガ 15H(現行)
中央
ロッド:メジャークラフト アレキサンダーLJ(廃版)
リール:オシアコンクエストCT300HG(現行)

ロッド:メジャークラフト 2代目クロステージ(廃版)
リール:オシアコンクエスト300HG(現行)

といった感じのタックルで行きました。
去年まではアレキサンダーLJにオシアコンクエストをつけてたのですが、皆様ご存知の通り、オシアコンクエストCTを買ったので、オシアカルカッタ200HGが2軍となり、それぞれをスライドさせた形になりましたw

200gまで背負えて、大容量ラインを巻いたソルティガのタックルは、夏場はやっぱり不要ですねw攻める水深も浅いし。
とりあえず保険としてもっていっただけです。

やはり、今回の東京湾夏タチジギングは真ん中と右のタックルがMVPでしたね。
ラインはどれもPE1号で、リーダーはフロロの25lbを1.5m、その先にバイトリーダーとして60lbフロロを80cmぐらい結んだ形です。

で、当日につくと、5~10隻の船団が海堡周りで、3グループぐらい、散り散りになってる感じ。餌船もルアーも船の混合。

で、それを見た私は、反応はあるんだけど1か所だけ厚い反応が出てるのではなく、中小規模の群れが点在していて、それらのどれかの群れは食い、どれかは食わないといった状況と推測。

水深は帰港までずっと30m~50mないぐらいです。まあ海堡周りなんでね、こんなもんです。走水行くと80mぐらいですね。
で、とりあえず、釣りスタート!
最初のポイントは水深45mぐらいで、反応は下から20mぐらいまで出てる感じ。
到着して間もなく船尾の人が1匹あげたり、とりあえずまあ反応は出てない訳じゃない感じ。
で、私も3分ぐらいで1匹目をゲット。
右のタックルで釣りあげました。まあフォールで食いましたね。
引きは結構よかったですが、バイトはしっかりしてるけどショートバイト気味って感じでしたね。日を通して。
ヒットしたルアーは過去に記事にも動画にもした大好きな
DUEL ヨーヅリ ブランカ 150g!!
やっぱり今年もレッドゼブラは最強でしたw
タチウオジギングにしては、やや早めのワンピッチで下から15mぐらいで食いました!
20mの間に反応が出ているが、浮いた反応が口を使う状態でしたね。

ロッドは廃版ですが、タチウオではなく、青物とかを想定しているバチバチのジギングロッドで、100gMAXなんですが、かなり固い竿なんで、150gとか乗せると、バッチリアクションできます。リフトとフォールがすごいバランス良く、キビキビ動かせるような感じ。
そんで、軽い60~100gのジグにすると、ジグの飛ばしを効かせた感じのアクションになるような気がします。
ただ、廃版なんですよね~
んで3代目のクロステージに、こうゆうブランクスはない(涙
同じメジャークラフトだと新型ジャイアントキリングのレギュラーアクションのものが、最も感覚近いかな?
で、長い事東京湾でのタチウオやシーバス、青物ジギングをしてますが、シーバスとタチウオに関してはもうこいつ以上のルアーはないんじゃないか?ってレベルで愛用してます。
アクションとしては、過去にも説明してますが、見た通り特殊な形はしてないんで、上げのアクション、下げのアクション共にオーソドックスなメタルジグらしい、動きがでます。
そんでもって、身が分厚いので、上げの動作でそこそこ波動を伴います。フォールもまあストレスなく落ちていきますよ~

船長さんからは、120gを使ってください、と言われたのですが、私の両サイドが初心者さんで、極力おまつりさせたくないので、1サイズ上の150gを投入しました。
みんなが同じ重量のジグで似たようなタックルであれば、潮流も風も一定で流れて、オマツリしないで済む!っていうのがベーシックな考え方ですが、基本的にはそれに従うのが良しですが、ちゃんとコントロールできて、仮にオマツリしても、解決できる能力があるなら30~40gぐらい重めでも良いかもです。
現にワンサイズ重いルアーを使いましたが、オマツリは3回ぐらいで済みました。ただ120gのシチュエーションで、200とか250を持ち出すのは、釣果的にも周りの迷惑的にも良くないと思います。まあ状況で判断してください・・・

んで、前日までの爆釣ムードはなく、時合いという時合もなく、小移動の毎に、ひっかけてく感じでしたね。
最終的には9匹釣れたし、(個人的には満足)、特別難しい感じではなかったですが、初心者のグループの中には釣れてない方もおりました><

でまあ、レビューに戻りますと、基本的に昼前ぐらいまで、レッドゼブラでちょこちょこ数を伸ばして、昼過ぎかな?1時ぐらい?(この時点ですでにレッドゼブラのブランカで6匹ぐらい釣ってました)
ちょこちょこヒットするモードがなくなり、極端に暇になりました。
そして、渋くなったので、写真中央のタックルにチェンジし、毎年恒例の渋いとき用の必殺ルアーを投入・・・
そう、過去にも紹介した、ジャッカル アンチョビメタルタイプ2のステルスブラックを投入!

こいつを、150gぐらいまで背負えるオーソドックスなライトジギングロッドでちょんちょんとしゃくると渋いときにバババッと自分だけ釣れまくるなんて事が過去にあったんで、渋いときは基本的にこいつ使います。渋い状況でコイツがダメで、ほかのルアーがよかった、ってことは経験上ありませんw
かなり信頼してますよー
ただ、扱いが少し難しくて、テールフックが必須なタチウオジギングでこいつにテールフックつけて大きなアクションを付けるとかなり高い確率でテーリングしちゃうんですよねw
なぜか、というと重心がかなりフロントによってます。そして、フロントの裏側に水を受け止めるようなくぼみがあります。
なんで、フロントヘビー特有の、上げの動作で、ルアーは飛ぶんだけど、どこか沈んでいく感じの動き、ようは放物線を描きながら、水中を推進する動きが弱めで、とりあえず上がったら、水平とまではいかないけど、斜めであったり、横へのスライド幅が非常に大きく、フォールがめちゃくちゃ遅いので、勢いよくリフトしたり、大きなリフトをすると、初速と推進力を伴ったジグが、出来上がった糸ふけにひっかかるといった具合ですね。
裏を返せば、少ない力、少ない反発、少ない入力でよく動くともいえるんです。
なんで、私はこれを使う際は、しゃくり幅を20cm~40cmぐらいにして、リーリングを1/4回転とか1/2回転とかいろいろ混ぜながらタナを刻んでく感じでやってます。

で、ルアー語りで脱線しましたね(すいません
でまあこれで、3匹程追加し、サバフグと、ばらしたけどアジも釣れ、満足して帰りました!


1mないぐらいのが、9匹ですね~
3本指メイン!サイズはそこまでよくないけど数釣れて満足!
味も例年以上に美味しい、というか夏タチ自己記録更新のうまさでした!
魚としての味の濃さが目立ってました!
臭いとか、そうゆう悪い意味でなく、イカの塩辛みたいな?
濃く、深い味でした!
また別の記事で料理に関しては書いていきたいとおもいます!

もうちょっとがっつり道具の紹介や使い方のコメントも入れていきたいですが、長くなるのでまた別記事にまとめます!

今後も不定期ですが、積極的に更新していきたいので、皆様よろしくお願いします!

ご閲覧ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください