東京湾、シーバスジギングお勧めジグ7選!!!

はいどうも!皆様こんにちわ!
ようやっと東京湾のジギングでは、タチウオをと並んで、人気のある釣目、シーバスジギングでぶっ刺さる私的に最強と考えているメタルジグを7個紹介していこうかなと思います!

まず、一つ目・・・

またこれでーす。
DUEL社のヨーヅリブランカ!!
タチウオ系記事とかでも紹介してますが、
「とにかく釣れるくせに、安価」
「使用する際に特に考える事が洗練されるので、色々迷いとかが生じない」
まあ後者の話が前者のとにかく釣れるにリンクしてるのかもしれませんが・・・
まあこいつの優秀さは度々タチウオジギングの記事に嫌になるほど上げてますので、詳しく知りたい方はそっちを拝見してください!

東京湾シーバスジギングで運用する場合は、40g~80gをメインに、状況によっては100gをストックしてもしなくても良いかな~という感じです。60g~100gのブランカは初夏や浅場の東京湾タチウオで使いまわせますしね。
カラーに関しては、ノーマルのブランカから好みの物を選ぶのがベストかなと思います。
一応ブランカシリーズにタチウオ攻略に比重を置いたタチウオSPとかいうタチウオに有効とされる塗装や塗料を使ったものがありますが、ノーマルのヨーヅリブランカより、僅かに数十円程高いのでシーバスに主眼を置いているのであれば、タチウオSPシリーズから購入する必要性というのはそこまで高くはありません。

 簡単にこのメタルジグを説明すると・・・ 基本に忠実なメタルジグです。非常にオーソドックスなメタルジグなので様々な竿、リールに対して、最大限の釣果をもたらすのが容易です。 見たまんまのオーソドックスさなので、どう動かすのも釣り人の気分次第というか・・・ やや、テールに重心があるので、上げのアクションはビューンと飛ぶ事なく、クイッと頭を上げて、竿のパワーや釣り人側の入力量にもよりますが、少しだけ走る感じです。 フォールのアクションは、基本的には、お尻側から比較的早めのスピードで垂直に近い形状で落下するのですが、タチウオのジギングでもシーバスのジギングでも、テールに何かしらフックを付けると思いますので、そのテールにつけたフックが水中で抵抗となり、水平に近い斜めな感じでフォールします。 テールフックの有無にかかわらず、フォールスピードが早めである点と、使いやすさ、親切な価格設定という点では、初心者にも結構お勧めしたいですね。

一応、ナチュラムさんの方でも現在、お正月セールもしてるし、アマゾンより単価が安い状態です。カラーラインナップも、重量ラインナップも現在はアマゾンより充実しているので、6500円以上まとめ買いする場合は、ナチュラムで購入されたほうがお得かもです。※下の画像クリックでナチュラムの商品ページが開けます。

※画像クリックで、ナチュラムの商品詳細が見れます。  

次にご紹介するのが、こちら~~!

ティムコ社オーシャンドミネーターシリーズの、 テールバランス。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。

ティムコ社は、ご存知の方も多いと思いますが、一時期東京湾のジギングをより楽しめる様、東京湾をフィールドとしている色々な、船宿などと、協力や議論をして、釣れるメタルジグの開発と販売にものすごく力を入れています。
なのでこのテールバランス以外にも東京湾向けのジグラインナップ自体はまだまだありますが、個人的な経験則ではシーバスには、こいつがかなり有効かなと思います。
カラーラインナップが少し面白くて、船宿の名前がついてるんですよねw因みに、この画像は神奈川は川崎で営業している中山丸という船宿と協力して作った2作目のカラーなのでナカヤママルⅡという名前ですw

https://amzn.to/35DJyeA 一応アマゾンにもありますが、カテゴリーがまとまっておらず買いづらいのと、ナチュラムのほうが安価かなと・・・ ウェイト・カラーラインナップはアマゾンのほうが充実してますので、探すのがめんどくさいですが。アマゾンで買う方が建設的かと思います。

どうゆうメタルジグかと言いますと、商品の名前の通り、テールに結構重心を置いてあるジグです。アクションよりも底取りのフォールや、ボトムタッチ等、フォールでのバイトがとにかく多いシーバスに対して、シーバスの捕食スイッチをオンにするようなちょうど良いスピードで落ちていくという印象があります。
テールバランスという名前ですが、がちがちの本当に後方に重心を置いたモノではなく、テールに重心が置いてあるけれども、リアフックは付けるだろうし、だけどシーバスが食べたくなるようなスピードは演出したいという意味でのテールバランスという商品名かと勝手に推測しておりますw

そして、バランスが取れていることと、ジャークを捨てたプレイをしても、釣れるという点に於いてはある意味では、初心者の方にはこれもこれでかなり親切かなと思います。

んで、価格は割と普通といった感じでしょうか・・・
ブランカとかメジャクラのジグ程安くないですが、ジグの相場は10g100円~150円ぐらいと言われているのでまあまあ妥当なお値段かなと思います。

お勧めのカラーは黄色とか金色が入っているもの、で場合によってはピンク系かなと思います。
カラーラインナップをさらっと見ても、ナチュラル系カラーがないのが心配になるかもしれませんが、東京湾の船宿の意見を取り込んでこうゆう不思議なカラバリになってるので、心配はご無用化と思います。

蛇足ですが、初夏のタチウオにも通用するメタルジグなので、買い物かごの価格調整とかに100gとか120gとか入れても良いかと思います。
シーバスに主眼を置くなら60g~80gで先述した系統のカラーだけ押さえておけば問題ないかと思います。

年明け、外房に1度、ジギングに釣れてゆき、爆釣し、向こうから釣りに連れてってくださいとせがまれ、追加購入した、テールバランスと今までヘビーユーズしてきたテールバランスの写真です。
一番上のはオーシャンドミネーターの別のジグですがw
このジグの唯一の弱点といえば、テールアイが曲がりやすい事、ぐらいでしょうか?
まあプライヤーとかで治せるので良いんですけどね。
写真1枚目では塗装ハゲがかなり目立っていますが、塗装が弱いのではなく、あまりにも
シーバスに対して効力がありすぎて、使い倒した結果、塗装の強度とか関係なくハゲてしまった
というだけです。
東京湾のシーバスジギングは
ジグをロストすることがあまりなく、タモ網を多用するとか等の対策をすれば、リアのアイも曲がり辛いと思います。

因みに、このティムコ社のテールバランスさんですが、
シーバスジギングなのでテールの針が重要でして・・・
トレブルフックとか使われる方もおりますが・・・
ダンデムタイプ、要は段差のあるチラシ2本バリタイプの
アシストフックと合わせる事を私はお勧めします。

※画像をクリックでナチュラムの商品詳細に飛べます。            因みに1枚目は、がまかつのチラシアシストフック。 2枚目は、メジャクラのゾックシリーズの段差針ですね。 1~1/0ぐらいで良いと思います。アシストラインはそこまで長くなくて大丈夫です。 ゾックは今、ナチュラムだとセール中みたいですね。     ※画像クリックでナチュラムの商品詳細が閲覧できます。

3つ目に紹介するのが・・・
メガバス 銀平!


なのですが、ナチュラムでも完売、メガバスのオンラインストアにも表示されてないし、アマゾンにもありませんでした。
目のパーツがボロボロ外れるので、釣具屋さんとかで、目シールを買って良く張り替えて使い倒してましたね。
渋い状況でも絶対に1匹を引っ張り出す良いルアーなんですがね・・・

こっちは逆にトレブルフックと合わせた方がよかったので、トレブルフックをリアにつけて
運用しておりました。
ぼろぼろですし、もう手元にあるのがこの2本のみ。使うのがもったいないです。

リバイバルの可能性はないと思いますし、もしどうしても手に入れたいのなら、地方の釣具屋とか、閉店セールとかしている所を当たって探すしかないかもしれませんね。

そして、4番目に紹介するのは・・・
これまたタチウオ系記事で度々取り上げている、
シマノ社オシアスティンガーバタフライ センターサーディンです。

タチウオ記事でも何度か書きましたが、積極的に数を釣りに行く様なジグではないんですが・・・
シーバスも近年個体数が減り、日によっては釣果を伸ばしづらい時があります。
その際に海の状況を精査するためには、こうゆう特徴がないのが特徴であるルアーを敢えて、しばし、投入し上げのアクションか、下げのアクションか、早いピッチか、遅いピッチか、竿のふり幅をどうすればよいのか、色々試した後で、とりあえず一匹釣ります。
釣れないルアーでは決してないのでね。
そこでどうゆう風に釣れたかを振り返ってみて、ルアーを最適なものに再選択する。そして連続的に釣果を伸ばす、その切っ掛けを作る偉大な一本ではあります。なのでまあ、この7選の中では、最も攻撃力が少ないメタルジグではありますが、これがあるのと無いのでは結構超過に差が出ると私は確信してますので、ここで改めてシーバスでも効果的であるという事で紹介する形としました。
重量は70~110の間で、基本的に70gと90gだけでも良いかもですね。
結構発売から、長い年月が経過しており、時折在庫がアマゾンやナチュラムにない時期もあるので、そろそろ販売・生産が終了すると思うので、タチウオ向けに運用するにしても、買いためておきたい所ですね~
シーバスジギングで運用する場合は、タチウオ向けラインナップとしての紫とか、グローとかを購入して、運用するのはあまりお勧めしません。
とりあえず、ナチュラル系カラーと、派手なのと1本ずつ持っておくだけでも良いと思います。
で、フロントが細身なので、強すぎる力でしゃくるとテーリングする恐れがあるので、シーバスジギングでもタチウオジギングでも、アシストフックのアシストラインの短いモノorトレブルフックとかで運用するのが良いかと思います。

  一応ナチュラムにも少しだけ在庫があるみたいです。                ※画像をクリックで商品詳細が見れます。

そしてそして、5番目に紹介するのが~~~
アブガルシア社のスキッドジグさん!
色々釣れると有名なジグですね。

※画像をクリックでナチュラムの商品詳細が見れます。             現在セールなのでアマゾンの半額以下で買える模様です。

正直このジグはタチウオでもシーバスでもスローの青物でも、根魚でも、大きなアジでも何でも釣れてしまうので、このタイトルの記事で紹介するのは迷いましたが、シーバスも例にもれず、良く釣れる良いルアーなので紹介します。
思い出もありますしねw
どうゆう思い出かというと、何年か前に、シーバスの状況を見たいから、人数が集まらなくてもテスト出船しますので、付き合ってくださる方のご乗船をお待ちしておりま~~す、みたいな感じで
釣り船の乗組員、他船の船長と私を含めた一般客2名で割安で出船させてもらったことがありました。
それが、シーバスのシーズンに入ったかどうか、怪しい11月とかの終わりぐらいだったと記憶しております。
東京湾のシーバス乗り合いのシーズンインっていうのは、基本的にキャスティングゲームと、ジギングの比率が5:5あるいは、7:3とかで、ジギングで釣る事、釣れるシーンっていうのがものすごく限定的なんですよね・・・
そこで私はあえて当時、ジギングタックルだけを持ち込んだら、銀平かなんかでまず、66cmぐらいのシーバスを水深10mにも満たないような、キャスティングで攻略したほうが、良いと一見思う様なポイントでいきなり釣り上げます。
そしたら、釣りあげたそのまんまるに太ったシーバスが、3~5cmぐらいの子イカを大量に吐き出しました。
そこで私は、イカをテーマに開発されたこのスキッドジグを投入したところ、70cmとか小さくても50cmは超えている様な、シーバスをテスト出船ということで、短時間の釣行でしたが大量に釣り、イカを偏食しているのなら、これが最強やなと思い、その頃から常に愛用してます。
カラーはタチウオ向けの紫とか、要は黒っぽいのを避けてナチュラル系か緑とか赤とかをお勧めします。
重量は大体80~100までで、恐らく大丈夫かなと。
最悪80gだけでも良いかもですね。
潮流が速い日とか、遅いフォールが気に入らないという方は100gまで持っておくのもアリだと思います。

そして、6番目!
ヤマシタのメタルフリッカーですね。
もう東京湾では、シーバスやタチウオではド定番ですよねw
タチウオジギングでも全然有効なジグですが、ブランカとスラッシュビートの双璧を崩すぐらいの効力があるかというと、タチウオジギングに限ってはないです。
ですが、シーバスジギングになってくると話が変わります。最強ジグの双璧として、1番最初に紹介した、ブランカとこちらのメタルフリッカーの組み合わせはシーバス版最強の双璧となりえます。

アマゾンだと在庫不足だし、送料発生するみたいなので、ナチュラムさんから抜粋します。現在ナチュラムではこちらもセール対象商品なのでアマゾンで買うより400円前後安くなる模様です。                        ※画像クリックでナチュラムの商品詳細に飛べます。

ちょっとタチウオ記事で度々書いた事ではありますが、ブランカは、正面から見た時の面積が大きいため、水中での移動距離は少なく、釣り人がアクションを掛けてから減速しフォールするまでに移行する間隔が短いです。同時に正面の面積の大きさは大きな波動を生みます。
なのでタチウオがその波動を恐れている場合は、メガバスのメタルフリッカーが同じ使い勝手、効果で釣れるようになるみたいなことをいいました。
シーバスジギングの場合は、恐らくブランカの良い点ともいえるし、悪い点ともいえる、アクションを掛けた際の「波動の強さ」を
こちらの、メタルフリッカーにはありません。中程度の波動です。
シーバスは、マグロみたいに泳ぎまくって捕食する魚ではなく、暗所や障害物に隠れて、最小限の移動で、最小限の体力消費で、捕食をしようと務める魚です。
なので、仮に産卵後とかで疲れている大型シーバスのそばを、強い波動を出すブランカを通しても、これは追いかけられないと判断し、無視しているのでは?なんて風に感じるというか妄想してしまう場面がありまして、そこで敢えて、そんなに波動の出ないメタルフリッカーを投入することによって、この魚は弱っているのではないかな?とシーバスに錯覚させてバイトさせる。
そんな感じで運用してますw
グラム数ですが60g~100gまでの範囲で用意すると良いかもです。
カラーは正直タチウオ向けの物でなければ、何でもよいかなと。
ブルーピンクとかピンクとか、赤、緑、ナチュラム、どれも満遍なく、効果的な色であると思います。ブランカで派手なカラーを購入し、こちらはリアル系を揃える。みたいな感じにするのもありかもですね。

そしてラストの7個目ですね!
ダイワ社の鏡牙ジグ ベーシックです。
価格が安く、アクションも至ってオーソドックス、価格的にも使用感的にも初心者に強くお勧めできます。
まあ鏡牙シリーズというのは、ダイワのタチウオ攻略ブランドとして、発表されたものですが、このベーシックはぶっちゃけタチウオじゃなくても、シーバスに対しても結構有効ですね。
なんなら、ダイワの地上波の番組「ザ・フィッシング」のジギング回とかで、プロアングラーがタチウオ狙いじゃないのに、この鏡牙ベーシックを使って根魚とか青物とか深海魚とか、釣っちゃってますしね。
まあそれぐらいタチウオに限定されず、色々な魚が釣れるよというのが、伝わりますし、自分もそれは実際に、何匹ものシーバスを相手にこれを運用し実感しております。
アクションとしては、リアフックがついていることを前提に話しますが、フォールではかなりきれいな水平姿勢を保ちます。
上方向はもう素直そのものって感じですね、
ここで紹介した7つのルアーはそこまで、疲労感を感じませんが、こいつが一番運用してて、疲労しないかなと思います。
というかそもそも、疲労感以前に、シーバスジギングは、運用するルアーが非常に軽い部類なので、ここで紹介したいづれの7つも、特段疲労につながるような、使いづらいジグではないと思います。

  一応アマゾンでも在庫はたっぷりありそうです。合わせ買い商品対象ですが。 ナチュラムだと6500円以上の購入で、送料無料ですが、6500円以上も購入したくなーいとか、少しだけ買えば良いと、お考えの場合は、アマゾンで複数ヴァリエーション買うのがお得かなと思います。 重量は80g~100gで良いと思います。 ですがタチウオ向けブランドのジグですので、タチウオに効果的なカラーがバリエーションを支配してます。 なので、ピンク グリーン 赤 銀 ぐらいがお勧めできるカラーになってきますね。 ※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。 一応セールだし、こうゆうアジっぽいリアルカラーのラインナップもあるので、ナチュラムで買い物かごの調整等とかで買うのもありかもですね! ※なぜかイメージ画像に「フックはついております。」みたいなことが記載されてますが、私が注文した物や店舗で実際に売られているものはフックがついてないので多分、ミスの記載だと思いますので気を付けてください。

そして、蛇足ですが、青物記事とかでも書いたような気がしますが
フロントのアシストフックは、シャウトのハードツインスパークを強くお勧めします。
サイズはシーバスの場合なら2、1、1/0ぐらいまであればよいかなと思います。
ちょっと、前半で紹介した針と比べると割高ですが、刺さりはフッ素コーティングのおかげで、かなり良いですし、強度もかなり高い次元で確保されている気がします。
そして、テールのアシストフックの値段をあまり気にしないのなら、テール用に、シャウトのTCツインスパークというのもあるのでそちらを推奨します。
ハードツインスパークとツインスパークの違いは、ハードツインスパークはジグのフロント部分につけて運用することを想定してあり、ラインに絡んだり、ジグ本体のボディに絡まないようにアシストラインの中に、フロロの糸を入れる事で張りを持たせてあります。
逆にノーマルのTCツインスパークは、フロロが抜かれている分、遊ぶのでテールにつけた際、魚の重みとか、ジグの重みとかでしっかり魚にフッキングさせる様に設計されてあります。

上がTCハードツインスパーク、2枚目が、TCツインスパークです。 正直アシストラインの長さは、1cmか2cmのどっちでも良いと思います。 短いルアーで運用するのなら1cm、少し長めのブランカとかであれば2cmでも良いかと思います。  ※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページが見れます。

ということで、今回は長年のシーバスジギングの経験からお勧めしたい7選メタルジグと、針を紹介させていただきました!
あくまでも参考程度に、推奨する重量とか書きましたが船宿やシーズンによっては、もっと軽くても良い場合、あるいは逆の場合もあるので、事前に船宿にどれぐらいの重さのルアーを使えばいいですか?と連絡しておくと無駄な買い物をせずに済むとおもいます。

この度も、御閲覧頂き、ありがとうございました。
今後もネタ作り、あるいは発見次第、書いて参ります。
宜しくお願い致します。

ご参考までに、テール用のTCツインスパーク。こちらはアシストラインの長さが1cmの物です。針サイズは1~1/0ぐらいで大丈夫です。            ※画像クリックでナチュラムの商品詳細のページに飛べます。 ※こちらも画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。       フロント用です。アシストラインの長さが1cmのものです。          ご参考までにどうぞ~~針サイズは前述の物で大丈夫です。

コメントを残す