東京湾、冬タチ撃沈の巻。

皆様、お久しぶりです。
あっくんでございます。
ちょっと今回は、しばらく冬タチをさぼっていた、天罰を受けたのでしょうかw反省っぽい記事になります。

先月、釣りほぼ入門者の友人たち二人とそれをガイドする私で、東京湾の冬タチに行きました。
見事、撃沈してしまいました><
私は釣れない時間帯に3回程アタリを出したのですが、なぜか乗らず、1匹のキャッチ、サイズで言うと100cmあるかないかぐらい。
申し上げにくいのですが、後はシタビラメの稚魚を、タチウオフックで雁字搦めにしてしまい、瀕死の状態でとりあえず持ち帰りました。多分リリースしても死んでたと思いますアレは。
軽く素揚げにして食べさせていただきました。
昔、神奈川方面の遊漁船で、ある大手会社の、とある部署の釣りガイドをしたとき、遊び半分で、メタルジグを落とした時には、30cmぐらいのシタビラメを釣ったことあったんですがねw
過去に屋久島や外房とボートシーバスに連れて行った事のある友人が、110cmぐらいのタチウオを一匹キャッチ。
そして、私と釣りを行くことを熱望していたもう一方の友人は、結構薄着できていたので、寒さもあり撃沈。彼に関しては、釣果0でした。
最近東京方面あったかいので私は、一日中アウターを脱いで、彼に貸しましたw
特に語る事もないのですが、最近東京湾のタチウオジギングに関しては、結構バブルっぽくなっていて、初心者の彼らでも行けるかななんて、高を括ってましたが、難しい日は難しい・・・
しかし、4匹とか数を伸ばす方もいて・・・
昨年秋ごろより、色々立て込んでて、冬タチ、及びシーバスジギングには1度も行けず、大分なまってたかなとおもいます。
再び冬タチで数、サイズ共に良い結果を残せる様に頑張りたいと思いましたね・・・
やっぱり日々勉強ですわ。
今までだったら、全然通用していたジグ、カラー、アクション、それぞれがどうもうまくかみ合わない感じ・・・
皆さんはほとんどワンピッチでやっていたし、同じことをやっていたつもりなんですがね~・・・・

まあ相変わらず、ブランカとスラッシュビートは、しっかり成果を残してくれましたねw

屋久島ジギング、外房ジギング、ボートシーバスを各1回経験している、その友人の方は、ブランカのチャートイエローがぶっささってキャッチしてましたね。
で、そのままブランカのチャートイエローを使用していたのですが・・・惜しくもかなり長くとっていたバイトリーダー1.5mぐらいの上から60cmぐらいのとこからスパン・・・
2匹目のキャッチはできず、その日は終了。
私は、ブランカのパープルで、2ヒットあったのですが、何故か乗らないので、パープルっぽさをそのままに、波動をより抑えるため、メガバスのスラッシュビートを使用し、なんとか1匹ゲットしたって感じですね。

 使用したのは、スラッシュビートのこっちのタイプ。 紫色のベースカラーに骨のパターンが入ってる感じの物。因みに120g   友人に貸したのは、こちらのチャートイエローのブランカですね。125g

で、まあ私の力不足を人の所為にするつもりはありませんが・・・
ちょっと、東京湾でこれからジギングをする予定のある方や、されている方に注意してほしいことがあります。
その日は、平日でも軽く15人ぐらいは乗船していたような気がします。
その日、私は友人が釣りに親しむために、釣りに割く時間よりかは、友人の釣りのサポートに時間を割く一日って感じの役回りをしておりました。
で、船の流し方とか、船長の操船技術とかのレベルじゃない、もっともっと低次元なトラブルに頻繁に巻き込まれた感があった一日でした。
まあとにかく、オマツリがとても多かったです。
原因は、船長さんが「ルアーは120gから使ってください。」
という指示があったのにもかかわらず、100gのジグを使い、船底を通って、こちらの友人にオマツリしまくらせたり、あとは、ホームページにPEは1号以下+ワイヤー系のフックやリーダーの使用を禁止しているのに、どちらも守らない方、などなど非常に大変な一日でした。
全員がほとんど同じ号数の糸を使用しており、ほぼほぼ同じウェイトのジグを使っている中、ワンランク軽量なジグを投入すると、どうゆうことになるかと言いますと、一人だけジグの流れ方が大きく変わり、他のお客さんのご迷惑になる場合があります。
只、それはほかのお客さんのラインの出方とか、投入したタイミングとかをちゃんと、目で見て抑えていて、さらにオマツリさせないテクニックがあるならまだしも、そのテクニックを身に着けていないのに、いたずらに、アナウンスを無視しての独善的な動きをやるのは良くないかなと思います。
なので、オマツリしないように、私が友人二人に、投入しなおしの指示とか、オマツリの解除とか色々専念してましたw
オマツリはこっちに非がある場合があったり、5:5の場合など様々ですが、友人にかなり注意させたうえで更に、絡ませてくるのはさすがにやばいかなと思いましたね。
勿論、オマツリをさせないテクニックがあるなら全然良いんですがね。そんな事は、ある程度経験を重ねれば、大層なテクニックでもないと思いますし。
で、私は右隣の、初老の方にものすごく悩まされてしまいました。
PEは見た感じ1.5か2号でしたね。
しかもアシストフックにワイヤーをコイル状にしたタイプの物を使用していて、只でさえ誰よりも、糸が流れるタックルバランスなのに、オマツリしたらそのワイヤーアシストフックに絡まり、ジグを切り離して、結びなおしみたいな展開もあり、さすがに船長さんも気になったのか、「これ、このアシストフックダメね!使わないで!」と怒られてました。

初心者が、中・上級者の方に迷惑をかけるケースも多々ありますが、
今回はちょっと中級者の独善的な判断で、初心者が迷惑を被る感じで悩まされた一日を過ごしたと思います。非常に残念でした。

初心者からすると、オマツリしても、解法がわからず、てこずって上級者の方、中級者の方をイラつかせることもありますが、ちょっと今回は、中級者層のマナーがあまりにもひどかったので、ちょっとイチャモンみたいな感じで、自分も正直こんな記事は書きたくないのですが、書かせていただきました。

初心者層からすると、オマツリだとか、他のお客さんとトラブルを起こした際、自分の技量の無さを疑い、自責する傾向があります。
そうゆう現場に立ち会ってしまい、釣りを愉しめずに、そこから釣りを離れるというのは、最悪のケースかなと思います。
仲間内でチャーター船にするわけでなく、遊漁船の乗り合いで乗るんであれば、初心者層や、釣り業界にダメージを与えないように、私もそうですが、中級者や上級者の皆様にも、どうかひとつお願いというか、なんというかですが・・・
船宿や船頭さんの指示にはなるべく従っていただければなと思います。
ちょっと、寝不足+二日酔いで、全体的に語彙力がやばいですが、少しでもご理解いただけたら、幸いでございます。

大した記事ではないですが、御閲覧、ありがとうございました。

【入門者向け】東京湾での、タチウオジギング、シーバスジギング自信を持ってお勧めできるリール編。

皆様こんにちわ。あっくんでございます。
今回は、前々回は身の回りアイテム、そして前回はロッドを
そして今回は、前回のそれらのロッドや似た様なロッドに対して
合わせやすく、尚且つ東京湾で有効なリールを紹介していきたいと思います。

ご参考までに・・・
ロッド編(http://akkunvlog.wpblog.jp/wp-admin/post.php?post=906&action=edit)
身の回り物編(http://akkunvlog.wpblog.jp/wp-admin/post.php?post=890&action=edit)

入門者向けの記事として今回は書いてますので、今回は以下のテーマに絞って紹介していこうかと思います。
・頑丈で信頼がおける
・PE1号を200m以上入れられる
・ドラグ力は4~5キロ以上ある
・なるべく安価である
・東京湾のジギングでは、タチウオとシーバスがメインターゲットで、基本的にワンピッチで狙うことが多いので、ハンドル1回転辺り70cm~80cm欲しい所。
あまり、セオリーだとかなんだとか押し付けたくないのですが、やっぱり初心者や入門者の方はワンピッチから技術を付けていくのがいいと思います。なのでワンピッチが主流である東京湾のジギングは、カジュアルさも含めかなり初心者向けなのではないかななんて風に思います。

まず、最初に紹介したいのが、バルケッタBBの600HGシリーズ。
そもそもバルケッタシリーズというのは、カワハギや船での中~小物釣りを極めたい人向けの製品群でした。
その中でもバルケッタBBというのは、そのバルケッタシリーズのコンセプトをそのままに安価にした、といった感じです。
オススメ度7/10点。

なぜか画像がないのですが、こんな感じです。
オススメする理由としましては・・・
・ハンドル1回転の最大巻き上げ量が72cmとワンピッチに最適
・改良型の明るいLEDの水深計がついていること。
・ドラグ力が5.5キロ
・アマゾンでの売値が約16000円
・PE1号が約600m入る計算
・PE2号や3号も300m、200mと入るので青物にも対応
・この600シリーズのみ、60mmのロングパワーハンドルがついており、ジグのアクションやファイトがかなり楽になる点

アマゾンの画像とか、シマノHPの画像では、600HGの写真がないので、一応600PGの写真をシマノHPから転載しました。
で、60mmロングパワーハンドルってなんなの?っていうと上の写真の通りです。握る部分(ハンドルノブ)が大きいので、人間側の力の入力が容易である事、そして、そのハンドルと本体までの距離が60mm確保されていることでモーメントの法則の恩恵を受けて、軽い力でファイトが出来たり、アクションを付けたりと少ない労力で、ジギングに取り組めます。画像は600PGですが、600HGも全く同じ、60mm大型クランクハンドル+大型ノブついてます。

そしてPE1号600mも購入して、巻かないといけないの?なんて風に思われるかもしれませんが・・・
PE1号を200mとか300m程購入し、後は自分か釣具屋さんなどで、ナイロン等の安くて太い糸を購入し、下糸として巻けば、1号を200mとか300m入れたい場合にきっちり詰めれます。

更に5.5キロのドラグ力があるので、PE2号や3号等を使用して青物のジギングなどへの転用も可能です。
東京湾は夏の終わりから冬ぐらいまで、青物が回遊する場合があり、帰り際に狙ってワラサやイナダ、サワラなどを釣るシチュエーションがあるので、そうゆう時にもわざわざ別のリールを用意する必要がなくなってきます。

後は水深計があるので、自分のジグがどれぐらいの水深にいるのか、ここは海底まで何mあるんだろうか?さっきヒットした魚はどれぐらいの水深でバイトしたんだろうか?などが、瞬時に分かります。
なので、効率良く、再現性の高い釣りができ、高釣果に繋がりやすくなります。

600HGと聞くと一見大きい様に思えますが、スプールをワイドにして600相当のサイズ感を作っただけで、実際は意外とコンパクトで、自重も245g程なので、これが一つ目のお勧めリールですね。

只、ちょっと注意してほしいのが、左巻きが無い事です。

次にお勧めしたいのが、こちら。ちょっと値段がバルケッタBBより高くなってしまいますが・・・
グラップラーCT150サイズのXGシリーズ
オススメ度9/10点

 

シマノのルアーゲーム系の中価格帯の商品群に、グラップラーというシリーズがあります。
グラップラープレミアムというリールが色々な機能を搭載していて、グラップラーリールシリーズの最上位モデル。
次にノーマルのグラップラー300シリーズ。
同じぐらいのランク帯に、このCT150シリーズ。
そしてエントリー向けにグラップラーBBというのがありますが、正直あれは私はお勧めしづらい所があります。

で、今回紹介するのは、150シリーズの中でもXGのほうです。
エクストラハイギアという意味です。
あまりギア比の話をすると、ボリュームが増えちゃうので、簡単に説明致しますと、パワーギア(PG)=ハンドル1回転の糸の回収量が少ない ハイギア(HG)=ハンドル1回転での糸の回収量が多い
エクストラハイギア(XG)=ハンドル1回転での糸の回収量がとても多いっていう感じで、とりあえず把握して頂けると助かります。
この150XGは右巻き、151XGは左巻きと、先程のバルケッタBB600HGと違い、どちらのユーザーにも対応しております。150XGが右巻き。151XGが左巻き。
で、なぜこちらをお勧めするのか、というと、HGに比べるとより、ジギング向けになってます。HGはダブルハンドルに対して、こちらは、1個目に紹介したロングクランクのパワーハンドルが搭載されており、釣りのいかなるシチュエーションにおいても、釣り人の負担が少ない。そして同じ用にカウンターがついているので、自分のジグの位置、魚のヒットした水深、海底までの距離等々、一目で把握できます。
そして、バルケッタBBより高価である理由として、上げられるのが、構造と機能の多さでしょうか。

構造はシマノのハガネボディと言って、ボディの要所要所に、金属の高強度パーツを入れて、単純に物理的な耐久力が高次元に設定されていること。
もう一つがMMギアという、ギアを採用しており、ノイズの低下と、同時に、歯の組み合わせを可能な限りこまかくしたことにより、人間の動力がリールに伝わりやすくしてある事。
で、もう一つが、エキサイティングドラグサウンドシステムという、物が搭載されているという点です。
エキサイティングドラグサウンドシステムというのは、非常に長いですねw
まあ何かと説明しますと、ドラグといって魚の引きなどで、糸を切られないように、ある程度の負荷が糸にかかったら、リール側から糸を魚側へ、送り込み、魚とのパワー対決の際に糸を切られないようにするシステムがあります。
その時にドラグが魚のパワーによって引き出されてしまった場合、音でアングラー側に知らせてくれます。そしてその音の長さとかで、どれぐらい糸を引き出されたのかとか、直観的に把握できますし、音なんかじゃわからないよー!となってもカウンターがついてるので、何m糸を出されたかっていうのが、嫌でも瞬時に把握できてしまうんですね。
で、重量はバルケッタよりやや増えますが、255gとバルケッタBB600HGよりも10gだけ重いだけです。
その10gだけでこれだけの性能を確保したと思えば気にならないと思いますし、150サイズなので、持った感じは、バルケッタBB600HGよりもコンパクトです。
で、PE1号が330m入る計算なので、下糸をわざわざ巻くことなく、300mのPE1号ラインを買って巻けば、まあ大丈夫っていう感じで、糸の巻替えとか、下糸の巻き付けとか、面倒だと感じる方にもおすすめですね。
あ、あとベアリングの数が1個目のリールより2倍以上入っていて、MMギアの恩恵もあり、リールの回転がかなりスムースです。
バルケッタBB600HGもスムースですが、こっちはもうワンランク上って感じでしょうか。巻き心地で言えば。

で、こちらのグラップラーCTシリーズは、HGといって、ハンドル1回転に対して70cm程回収できるモデルがあるのですが、あれはジギング向けというよりかは、イカメタルとか、バチコンアジゲームとかも射程に入れているものなので、パワーハンドルがついていないんですよね。要はアジとかイカなどの引きの軽い魚も視野に入れてしまっているので、ハンドルがダブルハンドルといって、前述したパワーハンドルがついておりません。
まあ、ダブルハンドルは感度とか、巻きの面では、優秀なので、成人男性とかであれば、そこまで苦になる事はないかもしれませんが、ジギングに慣れないと最初は、100gとか80gの軽い部類のジグを一日中しゃくるとかになってくると、かなり腕が疲れて、腕だけ疲労困憊みたいな感じになるので、ダブルハンドル系は、ある程度慣れてから、購入したり、まあハンドル部品だけ購入して、取り換えたりとかのほうがいいと思います。
ということで、注意してほしい点としては、HGはパワーハンドル+ロングクランクノブが無い。という事ですね。

そして、次に紹介したいのが・・・
ダイワより ブラストBJ TWですね。

 

ちょっと、アマゾンの方では品薄っぽいですね。
念のために、ナチュラムさんの方も大して値段変わらない+送料無料なので張っておきます。

※こちらが右巻き。 画像クリックで商品詳細が見れます。 ※こちらが左巻き。画像クリックでナチュラムの商品詳細が見れます。

スペック的にも、評判的にもかなり良いです。
一応、ダイワの海向けルアー部門だとソルティガが最上位機種で、次にキャタリナ→ブラスト→ヴァデルとなってます。
なぜヴァデルBJの方を紹介しないのか、というと、ヴァデルのスピニングモデルは優秀なのに、BJはちょっと、製品として不備がありすぎるかなあという感じなので、ヴァデルよりかは若干こちらのほうが高いですが、ブラストは希望小売価格の半分ぐらいになってて、セールに近い状態だし、そもそも結構優秀で評判が良いので、紹介させていただきます。

スペック的には・・・
自重230g
ハンドル1回転あたりの糸の回収量が77cmと絶妙
そして、PE1号が400m入ると。
浅場の小~中青物とか狙うんであれば、PE2号が200m入るし
最大ドラグ力は5キロあると。

で、スペックの1部に関してはもう、前述の2個である程度説明しているので、このリールの強みを紹介しますと・・・

フレームがアルミでできているので、要はシマノのハガネボディ程ではないにせよ、東京湾で運用する上では必要十分な頑強さがある事。
そして、特筆したいのが、バランス型ハンドルであるという点ですね。
ハンドルの長さ自体は55mmと、シマノの前述の2つと比べると5mm短い上に、55mm全てを一方向に振ったパワーハンドル型ではないこと、ですね。
このバランスハンドルというのは、パワーハンドルの良さを、ほんの少しだけ組み込んで、ダブルハンドルの良さも組み込んだみたいな。
パワー勝負とか、疲労を防ぐ点では、パワーハンドルが最強なんですが、タチウオとかの場合、ある程度感度も重要になってくるので、こうゆうダブルハンドルの良さを取り入れつつ、パワーハンドルのように運用できる、このバランスハンドルは優秀かなと思います。
只、パワーハンドルでないため、女性や、子供、体力に自信のない方とかには強くはお勧めできません。
まあ慣れれば全然気にならないと思いますが。
あと冬場の水深20m~30mぐらいのシーバスを相手にジギングするときも、そのぐらいの水深にシーバスがいる様な状況だと、シーバスがそこまで暴れないので、パワーハンドルでなくても十分にファイトできると思います。
後一応ダイワのHPには、TWSみたいな感じで、ライントラブルが少ないよ!みたいなことを大々的に言ってますが、前述したシマノリールもスーパー・フリー・スプールシステムとか搭載されているので、ライントラブルは別に、どっちも多い訳じゃないと思います。むしろ少ないぐらいなので、東京湾でジギングをする、事に限定するんであれば、TWSもスーパーフリースプールシステムも、どっちもどっちって感じですw

ということで・・・
今回は、比較的初心者の方でも、損にならないような、比較的安価で、東京湾ジギングにおいて、ちゃんとしたスペックが備わっている物を紹介させていただきました。

グラップラー300HGとか、グラップラープレミアムとか、オシアコンクエスト等、やや高級機とか、ハイエンドモデルはあえて紹介しませんでした。以前にも個別に紹介してますしね。
後それらは値段的に高いので、またお勧めリール○○~~みたいな記事を書くとしたら、そっちでまとめようと思います。

で、まあ中価格帯の比較的安いモデルに、ダイワ・キャタリナBJやシマノ・オシアカルカッタなどありますが、あれはさすがにちょっと古いので、あれを買うならグラップラー系を買った方が断然良いみたいな状態なので、紹介しません。
私自信所有してますし、全然お気に入りとして使ってますが、今から買うならグラップラーとかのほうが断然強いんで、今回は紹介しませんでした。
オシアカルカッタなんかは、当時の傑作のオシアジガーの機構を取り入れてたりしてて、優秀である事は間違いないんですがね・・・
もう買い時じゃないというかw
モデルチェンジ間際にどうせ、セールすると思うんで、どうしても欲しい場合はそうゆうタイミングを狙うのが良いかと思います。

それでは長々となりましたが、御閲覧ありがとうございました。

【入門者向け】東京湾ジギングでお勧めしたいロッド編。(タチウオやシーバス)

皆様、こんばんわ。あっくんでございます。
今回は、前回に続いて、東京湾でジギングしたい人向けの記事を書いていこうかと思います。
前回は、必要最低限なアイテムを紹介しましたが、今回はタックルを紹介していこうかと思います。
前回のアイテム類とタックル類両方書いたらボリュームがとんでもないことになってしまうと思ったので、分けさせて頂きました。

ロッドやリールは、決して安いモノではありません。
一応最近では、ダイワとかが、安価でジギング向けの製品で、ヴァデルのベイトリール等出してますが、評判は良くないですし、以前1度、同船者が壊してしまったのを見たことがあります。
多分、あれは、レベルワインダーが不評で、リミッターが異変を起こしてガリガリいってたのだろうかと思います。
ある程度値段の張るリールやロッドで、嫌な思いをさせないべく、今回は自信を持って紹介できるリールやロッドを紹介させていただきます。今回はロッド編ということで。

東京湾でのジギングというのは、基本的にシーバスやタチウオをターゲットとしていることが大半なので、それらに、高次元で適切に対応できる安価~中価格帯の道具を紹介していきます。

それら道具に要求すべきスペックを箇条書きにすると・・・
・リールはPE1号前後を最低でも200mは巻きたい
・ハンドル1回転で70cm~80cm前後は欲しい
・シーバスは100gまで乗せられるロッドであれば十分
・タチウオの場合やや攻める水深が深めなので150,160、180gぐらいまで乗せられる竿と120,130gが乗せられる竿の2本があるとゲームを有利に展開できる。
・耐久性があり、信頼しうるリール、ロッドが欲しい

以上の5点を踏まえてまず、何点か紹介しようかと思います。
因みにリールですが、タチウオでもシーバスでもどっちに使っても有効な物を紹介していきます。
私自身、タチウオ用もシーバス用も東京湾であれば、同じリールをそのまま使いまわしてますしね。

そろそろ後、1,2か月ぐらいでシーバスジギングのシーズンも終わりそうですが、まだまだシーズン中なので、シーバス系から紹介していこうと思います。
まずは、こちら↓ メジャークラフト社の「フルソリ」です。釣り業界のユニクロ的な感じですね。
低価格だけどしっかりした竿を作るメーカーです。
NEW フルソリ ライトジギング FSLJ-B64Lというものです。
新型のフルソリです。1世代前のは全部黄色で派手でしたねw
その派手なフルソリで昔、東京湾のタチウオジギングの競技会に参加した際、真っ黄色のフルソリ使用者が、準優勝かなんかしてた気がしますw。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページが見れます。

竿の全長は約190cmちょい。
対応する糸は、MAXで1.2号まで。
アマゾンで買うよりもナチュラムで購入したほうが、大型商品梱包量込みでも、こっちのほうが2000円ぐらい安いので、ナチュラムから選択しました。
対応するジグウェイトは30g~120gまで。
なので、30g~の使用ができて、シーバスの場合、冬が深まるにつれ、60gから80gの運用も増えるので、シーバス相手にはかなり頼もしいかなと。
120gまで対応したロッドに30gのジグを乗せた時、ジグを動かせてる感じがしないとか、ジグの重みを感じづらいとか、ある程度経験されている方は、普通はそうゆう風に考えられると思いますが、この竿のアクションテーパーはRFというもので、竿の真ん中よりかは、先端気味でジグをコントールするような造りなので、軽量な30gとか40gとかを投入しても使用に困る事はないと思います。

そして、このメジャークラフト社フルソリ、私がなぜ、初心者向けに推しているのかというと、商品名から察した方も多いと思いますが、フルでソリッドで作られているため、非常に頑丈なんですw
なので、ファイト中に竿をぶち曲げられてもそもそも、竿が頑丈なので、初心者さんが混乱していても、このフルソリッドの竿が絶対に魚を確実にスピーディーに弱らせ、浮かせてくれます。

まあなので、大型のシーバスと安心して戦える良いロッドの1つです。
と、同時に初夏のタチウオとか浅場のタチウオというのは、60g~100gぐらいの比較的軽量なジグで釣る場合があるので、冬はシーバス用にしておき、タチウオ釣行の場合は、浅場を攻める用の1本として、一石二鳥的な感じで活躍してくれると思います。
一応メジャークラフトの最もエントリー向けなモデルに、ソルパラというのがあるのですが、確かに安いです。
ですが、ガイドの構造がKガイドとかじゃないので、ラインのメンディングがしっかりしてないと、たびたびガイドにラインが絡むとか、小規模なトラブルが多くなります。最悪の場合はガイドが折れます。なので、あれは正直お勧めしません。特に初心者の方には。

次がこちら。同じメジャークラフトさんの3代目となる、クロステージシリーズですね。私はこれの初代を今でも愛用してます。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。

こちらのスペックは、前述したフルソリと同等で、シーバスは勿論、浅場のタチウオとか初夏のタチウオ相手にも存分に戦えます。
それとこれはフルソリッド構造ではないので、フルソリほど頑丈ではないですが、普通に扱っていれば壊れる心配もありませんw
フルソリと違って中空カーボンなので、シーバスとかタチウオに主導権を取られる心配はそんなにないと思います。
単純にフルソリが桁違いに強いだけなのでw
同時に中級カーボンであるので、フルソリと比べるとやや軽量になります。
軽いルアーを乗せた時の心配ですが、これもRFなので軽いルアーも、竿の先端部分にアクションを付けてやることを意識する事で、軽いルアーも全然動かせます。
フルソリと比べると、実売価格が7000円から8000円程安いですね。
只ならぬ頑丈さが欲しければ、フルソリ
基本的なジギングロッドで大丈夫な方はこちらっていう風に考えれば良いと思います。
あと一応こちらの3代目クロステージですが、2ピースに分割できるので、持ち運びも便利です。
フルソリの場合は、車のシート倒してとか、助手席の足元にやや斜めに入れて寝かせるとかすればまあ、持ち運べますがね。

 一応アマゾンでも購入できますが、トータルするとナチュラムさんのほうが100円~200円割安です。                                              

次に東京湾で自信をもって紹介できる、タチウオジギングロッドを紹介しようかと思います。
まずは、こちら。絶大な信頼を置けるロッドを販売している事で有名な、パームズ・アングラーズリパブリックのタチウオジギング用ロッドです。
メタル・ウィッチシリーズのクエストの進化系で比較的最近の商品です。 メタルウィッチクエストα(アルファ) MTTC-632T
会社がそもそも、神奈川に本拠地を置いており、関東エリアでの商品テストを頻繁にされているので、私自信もかなり信頼がおける道具かと思います。この会社のシーラプチャーとかは外房のジギングで最も多く運用してて、多分、ヒラマサやブリなんかはパームズ系の竿でほとんど釣ってますw

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。 一応アマゾンにもありましたが、なぜか送料込みで、トータルするとナチュラムで購入するより2,3000円程割高になります。                                              

まあ、商品説明にもありますが、100g以上で150gぐらいのを主体とするエリアに於いてはかなり有効だと思います。
(実際に東京湾の場合これぐらいのウェイトのジグは通年使い倒しますしね。)
東レの特許技術である、ナノアロイで作られているので竿は軽量だし、このシリーズは2onhalfという形で、分割できるので持ち運びにも困らないです。タチウオゲームにおいては、軽量さも大事で、軽ければ軽いほど、タチウオの繊細なバイトとか、まとわりつく感触もはっきりわかってきます。
他の竿じゃあ感じ取れない物をこれはしっかり、拾っていきますので、釣果にも大きく影響すると思います。(良い意味で)
繊細さやテクニカル面が大きく釣果に影響するタチウオゲームにおいて、これはかなり良い竿かと思います。
竿のスペック的にも、最悪サブ機が無くてもなんとかなる面では、浅場用と、やや深場用の2本を用意しなくても当面は大丈夫かなっていう感じです。まあその内タチウオジギングにハマってしまえば、竿の使い分けの重要性がわかってくると思うので、いづれ2本、3本持ちになるとは思いますがw

次に紹介するのが、ダイワさんのタチウオジギングシリーズとして販売されている、「鏡牙」シリーズのジギングロッドです。
元々は決して安い竿ではなく、比較的高級機なのですが、1商品だけ、ナチュラムでセールされており、これも1本あれば十分じゃないかな?って思ってしまうほどのスペックがある良い竿です。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。

鏡牙シリーズのテーマーカラーのメタリックパープルの挿し色がかっこよく、EVAグリップの配置位置も、タチウオジギングで邪魔にならないように最適な場所に配置されてます。
先程のパームズの竿よりかは、20g程軽量だし、こちらもバットから2分割できるので、144cmで運搬できます。もともとは2m近い竿です。こちらも60gから160gと運用できますし、タチウオ向けで、ロッドのパワー的にも初心者に強くお勧めできます。
そのロッドの長さを活かし、多彩なアクションもできるので、ある程度慣れてきたら、ジグを暴れさせ過ぎないような動きを演出したり、リフト&フォールの幅を、竿の長さべったり使って、調整したりと、中級者以上の方にもおすすめできます。
スペック的には初心者にもお勧めですが、慣れてきてもまだまだ使い倒せるぐらい良い竿ではないでしょうか。もともとは4万ぐらい平気でする竿なんですがw

まあ、ただ鏡牙のロッドはそろそろモデルチェンジが来るので、セールされてますが、店で見た感じ、モデルチェンジいらなくね?鏡牙ブランドってまだ3年ぐらいしかたってないよねwっていう風に感じましたね。
良く船でこのシリーズのロッドを運用されている方を見かけます。売れ行きが良いのでしょうかね?、だから早いペースでモデルチェンジをするんでしょうかね~

ということで!今回はロッド編だけ、にしておきます。
リール編は近日公開、恐らく今週のうちにUPしたいと思います。
リールも同時に紹介しようか迷いましたが、糸とかの紹介や説明も含まないといけないので、今回はこの辺で!すいません。
また今週中にリール&ライン編書こうと思いますので、お待ちくださいませ!
皆様のご閲覧ありがとうございました!
今後もよろしくお願い致します。

【入門者様向け】東京湾でジギングをするなら、これだけあれば大丈夫!身の回り物編!

はいどうも、こんにちわ。あっくんでございます。
今回は前回にも、似たような記事を書いた記憶があるんですが。w
なんかセールのついでに、私の記事などをみて釣り(主にジギング)の道具を揃えて東京湾に挑戦したい!
みたいな気持ちのある方向けなライトな内容だったと思います。(まあ私のブログ等でそこまで心動いた方なんか中々いないと思いますがw)
要はセール品から抜粋して、如何ですか~?みたいな記事だったと思います。

しかし、今回は初心者向けと言えば初心者向けですが、ある程度経験をされている初心者様方、あるいは釣りを本気の趣味とされたい方に私が自信を持って紹介したいと考えて、今回の記事を書かせて頂きます。

ということで、東京湾でジギング船に乗る際に、必要なモノと、
ちゃんと初めての道具であったとしても、馴染めるようなタックルに限った紹介をしようかと思います。
ルアー等の紹介は省きます。
これから紹介するものの中には、セール品とかはあんまり含まれてないし、ある程度高値なモノもあります。
なので本当に、釣りに、ジギングに触ったことのない方には、正直お勧めできない内容だし、意味も分からないと思いますw

釣りの経験数自体は浅いけど、東京湾のジギングとかに触れた後で、東京湾でばちこりジギングしたくなったみたいな覚悟のある方向けですかね~ どちらかというとw
あるいはそこそこ釣りの経験があって地方から、仕事とかで東京湾とかでも釣りしたいとか考えているけど、いまいち道具がわかんないとか、そうゆう中級者層向けでもあります。

それではいざ、何が必要か、箇条書きで書いていきます。
・ライフジャケット(貸し出してくれる宿もある)
・プライヤー(針やルアーの着脱に不可欠)
・ハサミ(通称PEと呼ばれる新素材糸の切断に特化した物)
・ナイフ(魚を美味しく持ち帰りたい場合に必要)
・ルアーケース(これが無いと運搬や船上での管理が面倒)
・針ケース(最悪自分に刺さるならまだしも他人に刺さらない物)
・信頼のおけるリール
・信頼のおけるロッド

といった感じですが、信頼のおけるリール及びロッドの紹介は今回はしません。
というのも、ゲームの構築に必要になるこれらタックルの話をするとなると、記事のボリュームがとんでもないことになってしまうので、道具は道具編、タックルはタックル編で紹介します。

なので、今回はそもそもこれがなかったら、レンタルタックルとか、貸し出してもらっても釣り出来ないよ!っていう最低限必要な物を紹介します。

まず、ライフジャケットですね。2019年の2月に法改訂により、桜マークという国の認定したライフジャケットを着用せずに、出船し、海上警察や海保の巡視船に取っ捕まった場合(まずないですが)貴方ではなく、船のオーナーや船長が、一定期間の免停、罰金、再講習等の処罰が行われます。
そして、その船宿が、お客さんの違法ライフジャケットとかで、何かしらの損害を得た場合、お客さんと船宿のトラブルであったり、そうゆうことになる可能性も場合によってはあるかもなので、大事ですね。

今では、アマゾンとかでとてつもなく安いライフジャケットを購入できますが、あれもアウトです。桜マークじゃないので。
後EU圏で認められているライフジャケットとかもありますが、日本で、あれらのライフジャケットの使用もアウトです。
そして、ライフジャケットには桜マークがついていて、AとかBとかランクがあります。
全部説明すると長くなるので、Aが日本国の全海域において、使用できる(例外はあるかもですが)トップグレードのものになります。
桜マークライフジャケットのBランクと、Aランクは値段が大して変わらないので、どのみちA買った方が色々便利だしお得です。

BEWAVE ライフジャケット 手動膨張式 首掛け型 オーシャンLG-3型 国土交通省型式承認品 桜マーク 釣り

価格:11,000円
(2020/1/18 11:41時点)
感想(18件)

こちらが昨年、法改訂すると聞いて急いで購入したものです。
楽天でね。アマゾンとかだとまだまだ法改訂に合わせた、低価格なライフベストを売ってなかったので、桜マークAのこちらのベストを購入しました。
この間、誤ってピンを引いてしまったので、膨張させてしまい、急いで、ボンベ購入して交換しましたw

まあちゃんと膨らんだし、3日後ぐらいにボンベの交換をしましたが、安全ピン引いちゃった初日よりかは、2日目と3日目しぼんでおりましたが、まだまだ全然空気入ってましたし、人間側が、酸素を送り込めるようなチューブもあります。
私は、自慢ではないのですが、かなり痩せてるので、腰巻型、要はベルトタイプは使ってません。
ある程度ウェストがないとずり落ちたりするんでね。
ベストタイプが女性とかにもお勧めかなと思います。

ライフジャケット 手動膨張式 ウエストベルト型 オーシャンWR-3型 国土交通省型式承認品 桜マーク 釣り BEWAVE

価格:11,000円
(2020/1/18 11:48時点)
感想(8件)

一応ベルト型もあります。価格は同じです。 ベルト型が好みならこっちもありですね。 ベルト型だと送料込みでこっちのほうが、500円程安くすませられそうですね。 ベスト型だと、ブラックに限り、信頼できるブランドである、高階救命器具社の、これが現状値段的にもお勧めかなと。

そして、次に紹介するのがプライヤー。
1個しか紹介しませんw

スミスLTDから発売されているプライヤーですね。
そこまで大型の物ではないので、東京湾だとせいぜい30lbから60lbぐらいのスプリットリングの使用がメインになってくるので、逆に大は小を兼ねるみたいな感じで、大型のプライヤーとか使っちゃうと、スプリットリングが割れたり、広がったりしてトラブルのもとになるので、適切なサイズの物を。
他社の、有名どころ釣り具ブランドと比べると安価ですし、私はこれの古いモデルを使用してますが、6年ぐらい平気で使えてます。
錆に強い!って謳ってますが、これは私が実証済みですw
こっちのモデルは一応、落下防止のアイテムがついてますが・・・
不要であれば私が現在も使い倒しているこっちがお勧めですね。

で、そもそもプライヤーって何に使うの?っていいますと、ルアーと針とかを接続するために、スプリットリングと呼ばれる、開閉式の2枚のリングを使います。それを開閉するためには、プライヤーがないと無理って感じです。爪とかでやろうとしたら、爪割れますw
後魚から針を外すとかもできるんで、ペンチ間隔でも使えて結構いいですよ~

で、次に紹介するのが、ラインカッターですね。
通常の物だと、ナイロンとかフロロは切れても、PEラインという複数の糸を寄せて1本の糸にした物です。海釣りでは定番のラインでジギングでも使わない事はありません。
ナイロンもフロロもPEも一緒やろ~~って思うかもしれませんが、いざキッチンばさみとかでやってみても、ナイロンやフロロが切れてもPEは切れません。
何回もちょきちょきやってると、ほどけたりして、糸全体の強度を落とします。なので一発でスパッと切れるPEライン専用カッターが必要になってきます。

 安いのだとこれですね。性能も良く、コンパクトなのでお勧めです。基本的に問題なく使用できますが、爪切り型なので、オマツリとかして他の方向から切らないといけない時などに斜めからカットとか他の角度からのカットだと、切り損う事もあるかもしれません。 1個前のと比べると、やや大型ですが、こちらも安価で性能も良しです。 レビューとかに、糸を張らないと切れない!みたいなこと書かれてありますが、それはいかなる糸でもそうなので、あまり気にすることではないと思います。 スミスのステンレス製の、こうゆう小道具、プライヤーもそうですが、まあ錆には強いですよ。お墨付きですw ※画像クリックでナチュラムの商品詳細に飛べます。  一応ナチュラムさんのセールで、ラインカッターとプライヤーの機能を抱き合わせにしたものが、セールで売られてますね。ただちょっとプライヤーサイズが大きめなので、青物とかそうゆうジギングに向けて運用したほうがよさそうかも。

そして、次に紹介するのが、ナイフですね。
ある程度サイズがあって、リリースしなくても大丈夫な成魚を釣りあげて、それを美味しく持ち帰りたいという人もいると思うので、紹介します。

※画像クリックでナチュラムの商品サイトに飛べます。

いわゆるペティナイフというものです。
元々は西洋で、魚の下処理をするために、剣職人というかが、設計し、現代でも、魚の処理に最適なナイフとして、運用されてますね。
紹介したのはカバーがあり、安価なアウトドアブランド「ロゴス」のペティナイフです。
カバーが2重なので、銃刀法違反に接触しない様に、クーラーとかタックルボックスにしまって、持ち運べますし、間違えて、自分や他人を傷つけることもないかと思います。
素材はステンレスなので錆に強いですが、そのうち、錆びます。
私は、ナイフショップで、バックというアメリカの歴史が長いブランドの、ペティナイフを購入し、落下防止の紐と、全体を覆うプラカバーがついてて愛用してますが、アマゾンとかにはないかもしれません。
そちらのは5000円ぐらいで購入したのですが、ちょこちょこ錆は出ているのですが、いまだに研ぎなおしとかせずばっちり運用できてます。

次に紹介するのが、ルアーケースと針ケースですね。
2テーマ、抱き合わせで紹介します。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。

まず、東京湾だと、ロングジグの使用シチュエーションがほぼないので、普通のサイズのジグとか、ショートタイプとか、せいぜいセミロングなので、このVS3010を愛用しております。
中敷きとかでレイアウト変更できるので、全然ロングジグも入れられます。
後、強度がすごいです。数キログラムのジグを入れて何度か落とした事がありますが、中敷きが折れたりしただけで、壊滅的に壊れたことはありません。まあさすがに1個は壊しちゃいましたがw
なので100円ショップとかで、壊れるの前提で購入したりしても、ジグの自重で割れたりして、ジグを船中に散乱させたりと、色々他のお客さんに迷惑をかけたり、船体に不必要な傷を与えたりしてしまうので、信頼できるメイホウ化学さんのこれ使ってます。

 一応クリアカラーもあります。

そして、針ケースですが・・・
同じメイホウ化学さんのVS318がお勧めかなと思います。
強度はありますし、針入れとしてでなく、スプリットリングやソリッドリングの収納スペースが沢山あり、強度やサイズごとに仕分けもできて、針やその他釣り小物類をいっきに放り込めるのが強いですね。

※画像クリックで商品詳細が見れます。

まあ、蛇足になるんですが、重たいジグと、それらに関する、細々としたパーツは、そこそこ強度があるトートバックとかでも全然持ち運びできるんですが、なぜこれらを紹介したかというと・・・

※画像クリックで商品詳細が見れます。

今、ナチュラムでセールしてて、2300円で買えるこの、アブガルシアのバックに、先程紹介したルアーボックスが2個、針ケースが全面ポケットに入れられて、重量物のあるメタルジグ等、これで一気に運べます。
またプライヤーホルダーが2か所に配置されているので、ハサミとプライヤーをそれぞれに入れるとか、すんんんんんんんごく便利でずっと昔から愛用してます。
要はここで、紹介したもの、大体入りますwライフジャケット以外ならw
これ一個で、小道具やメタルジグの運搬が解決できちゃうのでね。
私はこのミリタリーカラーを使用してますが、ブラックの単色であればもう500円安い、2300円という価格で、アブブランドのバックがセールで買えます。

ということで、まあセール商品と絡めるつもりは、ないみたいなこと冒頭に言いましたが、たまたまセールだったのでちょっと複雑な内容になってしまいすみません。

ただ、ジグの運搬やハサミ、ナイフ、針、プライヤー等の効率的に運搬できるので、これらは結構私はお勧めしますね。
実際に今でもこれらのセットは愛用してますしw

それでは、御閲覧ありがとうございました。
今度はタックル編を書き上げたいと思います。
宜しくお願い致します。

東京湾、シーバスジギングお勧めジグ7選!!!

はいどうも!皆様こんにちわ!
ようやっと東京湾のジギングでは、タチウオをと並んで、人気のある釣目、シーバスジギングでぶっ刺さる私的に最強と考えているメタルジグを7個紹介していこうかなと思います!

まず、一つ目・・・

またこれでーす。
DUEL社のヨーヅリブランカ!!
タチウオ系記事とかでも紹介してますが、
「とにかく釣れるくせに、安価」
「使用する際に特に考える事が洗練されるので、色々迷いとかが生じない」
まあ後者の話が前者のとにかく釣れるにリンクしてるのかもしれませんが・・・
まあこいつの優秀さは度々タチウオジギングの記事に嫌になるほど上げてますので、詳しく知りたい方はそっちを拝見してください!

東京湾シーバスジギングで運用する場合は、40g~80gをメインに、状況によっては100gをストックしてもしなくても良いかな~という感じです。60g~100gのブランカは初夏や浅場の東京湾タチウオで使いまわせますしね。
カラーに関しては、ノーマルのブランカから好みの物を選ぶのがベストかなと思います。
一応ブランカシリーズにタチウオ攻略に比重を置いたタチウオSPとかいうタチウオに有効とされる塗装や塗料を使ったものがありますが、ノーマルのヨーヅリブランカより、僅かに数十円程高いのでシーバスに主眼を置いているのであれば、タチウオSPシリーズから購入する必要性というのはそこまで高くはありません。

 簡単にこのメタルジグを説明すると・・・ 基本に忠実なメタルジグです。非常にオーソドックスなメタルジグなので様々な竿、リールに対して、最大限の釣果をもたらすのが容易です。 見たまんまのオーソドックスさなので、どう動かすのも釣り人の気分次第というか・・・ やや、テールに重心があるので、上げのアクションはビューンと飛ぶ事なく、クイッと頭を上げて、竿のパワーや釣り人側の入力量にもよりますが、少しだけ走る感じです。 フォールのアクションは、基本的には、お尻側から比較的早めのスピードで垂直に近い形状で落下するのですが、タチウオのジギングでもシーバスのジギングでも、テールに何かしらフックを付けると思いますので、そのテールにつけたフックが水中で抵抗となり、水平に近い斜めな感じでフォールします。 テールフックの有無にかかわらず、フォールスピードが早めである点と、使いやすさ、親切な価格設定という点では、初心者にも結構お勧めしたいですね。

一応、ナチュラムさんの方でも現在、お正月セールもしてるし、アマゾンより単価が安い状態です。カラーラインナップも、重量ラインナップも現在はアマゾンより充実しているので、6500円以上まとめ買いする場合は、ナチュラムで購入されたほうがお得かもです。※下の画像クリックでナチュラムの商品ページが開けます。

※画像クリックで、ナチュラムの商品詳細が見れます。  

次にご紹介するのが、こちら~~!

ティムコ社オーシャンドミネーターシリーズの、 テールバランス。

※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。

ティムコ社は、ご存知の方も多いと思いますが、一時期東京湾のジギングをより楽しめる様、東京湾をフィールドとしている色々な、船宿などと、協力や議論をして、釣れるメタルジグの開発と販売にものすごく力を入れています。
なのでこのテールバランス以外にも東京湾向けのジグラインナップ自体はまだまだありますが、個人的な経験則ではシーバスには、こいつがかなり有効かなと思います。
カラーラインナップが少し面白くて、船宿の名前がついてるんですよねw因みに、この画像は神奈川は川崎で営業している中山丸という船宿と協力して作った2作目のカラーなのでナカヤママルⅡという名前ですw

https://amzn.to/35DJyeA 一応アマゾンにもありますが、カテゴリーがまとまっておらず買いづらいのと、ナチュラムのほうが安価かなと・・・ ウェイト・カラーラインナップはアマゾンのほうが充実してますので、探すのがめんどくさいですが。アマゾンで買う方が建設的かと思います。

どうゆうメタルジグかと言いますと、商品の名前の通り、テールに結構重心を置いてあるジグです。アクションよりも底取りのフォールや、ボトムタッチ等、フォールでのバイトがとにかく多いシーバスに対して、シーバスの捕食スイッチをオンにするようなちょうど良いスピードで落ちていくという印象があります。
テールバランスという名前ですが、がちがちの本当に後方に重心を置いたモノではなく、テールに重心が置いてあるけれども、リアフックは付けるだろうし、だけどシーバスが食べたくなるようなスピードは演出したいという意味でのテールバランスという商品名かと勝手に推測しておりますw

そして、バランスが取れていることと、ジャークを捨てたプレイをしても、釣れるという点に於いてはある意味では、初心者の方にはこれもこれでかなり親切かなと思います。

んで、価格は割と普通といった感じでしょうか・・・
ブランカとかメジャクラのジグ程安くないですが、ジグの相場は10g100円~150円ぐらいと言われているのでまあまあ妥当なお値段かなと思います。

お勧めのカラーは黄色とか金色が入っているもの、で場合によってはピンク系かなと思います。
カラーラインナップをさらっと見ても、ナチュラル系カラーがないのが心配になるかもしれませんが、東京湾の船宿の意見を取り込んでこうゆう不思議なカラバリになってるので、心配はご無用化と思います。

蛇足ですが、初夏のタチウオにも通用するメタルジグなので、買い物かごの価格調整とかに100gとか120gとか入れても良いかと思います。
シーバスに主眼を置くなら60g~80gで先述した系統のカラーだけ押さえておけば問題ないかと思います。

年明け、外房に1度、ジギングに釣れてゆき、爆釣し、向こうから釣りに連れてってくださいとせがまれ、追加購入した、テールバランスと今までヘビーユーズしてきたテールバランスの写真です。
一番上のはオーシャンドミネーターの別のジグですがw
このジグの唯一の弱点といえば、テールアイが曲がりやすい事、ぐらいでしょうか?
まあプライヤーとかで治せるので良いんですけどね。
写真1枚目では塗装ハゲがかなり目立っていますが、塗装が弱いのではなく、あまりにも
シーバスに対して効力がありすぎて、使い倒した結果、塗装の強度とか関係なくハゲてしまった
というだけです。
東京湾のシーバスジギングは
ジグをロストすることがあまりなく、タモ網を多用するとか等の対策をすれば、リアのアイも曲がり辛いと思います。

因みに、このティムコ社のテールバランスさんですが、
シーバスジギングなのでテールの針が重要でして・・・
トレブルフックとか使われる方もおりますが・・・
ダンデムタイプ、要は段差のあるチラシ2本バリタイプの
アシストフックと合わせる事を私はお勧めします。

※画像をクリックでナチュラムの商品詳細に飛べます。            因みに1枚目は、がまかつのチラシアシストフック。 2枚目は、メジャクラのゾックシリーズの段差針ですね。 1~1/0ぐらいで良いと思います。アシストラインはそこまで長くなくて大丈夫です。 ゾックは今、ナチュラムだとセール中みたいですね。     ※画像クリックでナチュラムの商品詳細が閲覧できます。

3つ目に紹介するのが・・・
メガバス 銀平!


なのですが、ナチュラムでも完売、メガバスのオンラインストアにも表示されてないし、アマゾンにもありませんでした。
目のパーツがボロボロ外れるので、釣具屋さんとかで、目シールを買って良く張り替えて使い倒してましたね。
渋い状況でも絶対に1匹を引っ張り出す良いルアーなんですがね・・・

こっちは逆にトレブルフックと合わせた方がよかったので、トレブルフックをリアにつけて
運用しておりました。
ぼろぼろですし、もう手元にあるのがこの2本のみ。使うのがもったいないです。

リバイバルの可能性はないと思いますし、もしどうしても手に入れたいのなら、地方の釣具屋とか、閉店セールとかしている所を当たって探すしかないかもしれませんね。

そして、4番目に紹介するのは・・・
これまたタチウオ系記事で度々取り上げている、
シマノ社オシアスティンガーバタフライ センターサーディンです。

タチウオ記事でも何度か書きましたが、積極的に数を釣りに行く様なジグではないんですが・・・
シーバスも近年個体数が減り、日によっては釣果を伸ばしづらい時があります。
その際に海の状況を精査するためには、こうゆう特徴がないのが特徴であるルアーを敢えて、しばし、投入し上げのアクションか、下げのアクションか、早いピッチか、遅いピッチか、竿のふり幅をどうすればよいのか、色々試した後で、とりあえず一匹釣ります。
釣れないルアーでは決してないのでね。
そこでどうゆう風に釣れたかを振り返ってみて、ルアーを最適なものに再選択する。そして連続的に釣果を伸ばす、その切っ掛けを作る偉大な一本ではあります。なのでまあ、この7選の中では、最も攻撃力が少ないメタルジグではありますが、これがあるのと無いのでは結構超過に差が出ると私は確信してますので、ここで改めてシーバスでも効果的であるという事で紹介する形としました。
重量は70~110の間で、基本的に70gと90gだけでも良いかもですね。
結構発売から、長い年月が経過しており、時折在庫がアマゾンやナチュラムにない時期もあるので、そろそろ販売・生産が終了すると思うので、タチウオ向けに運用するにしても、買いためておきたい所ですね~
シーバスジギングで運用する場合は、タチウオ向けラインナップとしての紫とか、グローとかを購入して、運用するのはあまりお勧めしません。
とりあえず、ナチュラル系カラーと、派手なのと1本ずつ持っておくだけでも良いと思います。
で、フロントが細身なので、強すぎる力でしゃくるとテーリングする恐れがあるので、シーバスジギングでもタチウオジギングでも、アシストフックのアシストラインの短いモノorトレブルフックとかで運用するのが良いかと思います。

  一応ナチュラムにも少しだけ在庫があるみたいです。                ※画像をクリックで商品詳細が見れます。

そしてそして、5番目に紹介するのが~~~
アブガルシア社のスキッドジグさん!
色々釣れると有名なジグですね。

※画像をクリックでナチュラムの商品詳細が見れます。             現在セールなのでアマゾンの半額以下で買える模様です。

正直このジグはタチウオでもシーバスでもスローの青物でも、根魚でも、大きなアジでも何でも釣れてしまうので、このタイトルの記事で紹介するのは迷いましたが、シーバスも例にもれず、良く釣れる良いルアーなので紹介します。
思い出もありますしねw
どうゆう思い出かというと、何年か前に、シーバスの状況を見たいから、人数が集まらなくてもテスト出船しますので、付き合ってくださる方のご乗船をお待ちしておりま~~す、みたいな感じで
釣り船の乗組員、他船の船長と私を含めた一般客2名で割安で出船させてもらったことがありました。
それが、シーバスのシーズンに入ったかどうか、怪しい11月とかの終わりぐらいだったと記憶しております。
東京湾のシーバス乗り合いのシーズンインっていうのは、基本的にキャスティングゲームと、ジギングの比率が5:5あるいは、7:3とかで、ジギングで釣る事、釣れるシーンっていうのがものすごく限定的なんですよね・・・
そこで私はあえて当時、ジギングタックルだけを持ち込んだら、銀平かなんかでまず、66cmぐらいのシーバスを水深10mにも満たないような、キャスティングで攻略したほうが、良いと一見思う様なポイントでいきなり釣り上げます。
そしたら、釣りあげたそのまんまるに太ったシーバスが、3~5cmぐらいの子イカを大量に吐き出しました。
そこで私は、イカをテーマに開発されたこのスキッドジグを投入したところ、70cmとか小さくても50cmは超えている様な、シーバスをテスト出船ということで、短時間の釣行でしたが大量に釣り、イカを偏食しているのなら、これが最強やなと思い、その頃から常に愛用してます。
カラーはタチウオ向けの紫とか、要は黒っぽいのを避けてナチュラル系か緑とか赤とかをお勧めします。
重量は大体80~100までで、恐らく大丈夫かなと。
最悪80gだけでも良いかもですね。
潮流が速い日とか、遅いフォールが気に入らないという方は100gまで持っておくのもアリだと思います。

そして、6番目!
ヤマシタのメタルフリッカーですね。
もう東京湾では、シーバスやタチウオではド定番ですよねw
タチウオジギングでも全然有効なジグですが、ブランカとスラッシュビートの双璧を崩すぐらいの効力があるかというと、タチウオジギングに限ってはないです。
ですが、シーバスジギングになってくると話が変わります。最強ジグの双璧として、1番最初に紹介した、ブランカとこちらのメタルフリッカーの組み合わせはシーバス版最強の双璧となりえます。

アマゾンだと在庫不足だし、送料発生するみたいなので、ナチュラムさんから抜粋します。現在ナチュラムではこちらもセール対象商品なのでアマゾンで買うより400円前後安くなる模様です。                        ※画像クリックでナチュラムの商品詳細に飛べます。

ちょっとタチウオ記事で度々書いた事ではありますが、ブランカは、正面から見た時の面積が大きいため、水中での移動距離は少なく、釣り人がアクションを掛けてから減速しフォールするまでに移行する間隔が短いです。同時に正面の面積の大きさは大きな波動を生みます。
なのでタチウオがその波動を恐れている場合は、メガバスのメタルフリッカーが同じ使い勝手、効果で釣れるようになるみたいなことをいいました。
シーバスジギングの場合は、恐らくブランカの良い点ともいえるし、悪い点ともいえる、アクションを掛けた際の「波動の強さ」を
こちらの、メタルフリッカーにはありません。中程度の波動です。
シーバスは、マグロみたいに泳ぎまくって捕食する魚ではなく、暗所や障害物に隠れて、最小限の移動で、最小限の体力消費で、捕食をしようと務める魚です。
なので、仮に産卵後とかで疲れている大型シーバスのそばを、強い波動を出すブランカを通しても、これは追いかけられないと判断し、無視しているのでは?なんて風に感じるというか妄想してしまう場面がありまして、そこで敢えて、そんなに波動の出ないメタルフリッカーを投入することによって、この魚は弱っているのではないかな?とシーバスに錯覚させてバイトさせる。
そんな感じで運用してますw
グラム数ですが60g~100gまでの範囲で用意すると良いかもです。
カラーは正直タチウオ向けの物でなければ、何でもよいかなと。
ブルーピンクとかピンクとか、赤、緑、ナチュラム、どれも満遍なく、効果的な色であると思います。ブランカで派手なカラーを購入し、こちらはリアル系を揃える。みたいな感じにするのもありかもですね。

そしてラストの7個目ですね!
ダイワ社の鏡牙ジグ ベーシックです。
価格が安く、アクションも至ってオーソドックス、価格的にも使用感的にも初心者に強くお勧めできます。
まあ鏡牙シリーズというのは、ダイワのタチウオ攻略ブランドとして、発表されたものですが、このベーシックはぶっちゃけタチウオじゃなくても、シーバスに対しても結構有効ですね。
なんなら、ダイワの地上波の番組「ザ・フィッシング」のジギング回とかで、プロアングラーがタチウオ狙いじゃないのに、この鏡牙ベーシックを使って根魚とか青物とか深海魚とか、釣っちゃってますしね。
まあそれぐらいタチウオに限定されず、色々な魚が釣れるよというのが、伝わりますし、自分もそれは実際に、何匹ものシーバスを相手にこれを運用し実感しております。
アクションとしては、リアフックがついていることを前提に話しますが、フォールではかなりきれいな水平姿勢を保ちます。
上方向はもう素直そのものって感じですね、
ここで紹介した7つのルアーはそこまで、疲労感を感じませんが、こいつが一番運用してて、疲労しないかなと思います。
というかそもそも、疲労感以前に、シーバスジギングは、運用するルアーが非常に軽い部類なので、ここで紹介したいづれの7つも、特段疲労につながるような、使いづらいジグではないと思います。

  一応アマゾンでも在庫はたっぷりありそうです。合わせ買い商品対象ですが。 ナチュラムだと6500円以上の購入で、送料無料ですが、6500円以上も購入したくなーいとか、少しだけ買えば良いと、お考えの場合は、アマゾンで複数ヴァリエーション買うのがお得かなと思います。 重量は80g~100gで良いと思います。 ですがタチウオ向けブランドのジグですので、タチウオに効果的なカラーがバリエーションを支配してます。 なので、ピンク グリーン 赤 銀 ぐらいがお勧めできるカラーになってきますね。 ※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。 一応セールだし、こうゆうアジっぽいリアルカラーのラインナップもあるので、ナチュラムで買い物かごの調整等とかで買うのもありかもですね! ※なぜかイメージ画像に「フックはついております。」みたいなことが記載されてますが、私が注文した物や店舗で実際に売られているものはフックがついてないので多分、ミスの記載だと思いますので気を付けてください。

そして、蛇足ですが、青物記事とかでも書いたような気がしますが
フロントのアシストフックは、シャウトのハードツインスパークを強くお勧めします。
サイズはシーバスの場合なら2、1、1/0ぐらいまであればよいかなと思います。
ちょっと、前半で紹介した針と比べると割高ですが、刺さりはフッ素コーティングのおかげで、かなり良いですし、強度もかなり高い次元で確保されている気がします。
そして、テールのアシストフックの値段をあまり気にしないのなら、テール用に、シャウトのTCツインスパークというのもあるのでそちらを推奨します。
ハードツインスパークとツインスパークの違いは、ハードツインスパークはジグのフロント部分につけて運用することを想定してあり、ラインに絡んだり、ジグ本体のボディに絡まないようにアシストラインの中に、フロロの糸を入れる事で張りを持たせてあります。
逆にノーマルのTCツインスパークは、フロロが抜かれている分、遊ぶのでテールにつけた際、魚の重みとか、ジグの重みとかでしっかり魚にフッキングさせる様に設計されてあります。

上がTCハードツインスパーク、2枚目が、TCツインスパークです。 正直アシストラインの長さは、1cmか2cmのどっちでも良いと思います。 短いルアーで運用するのなら1cm、少し長めのブランカとかであれば2cmでも良いかと思います。  ※画像クリックでナチュラムの商品詳細ページが見れます。

ということで、今回は長年のシーバスジギングの経験からお勧めしたい7選メタルジグと、針を紹介させていただきました!
あくまでも参考程度に、推奨する重量とか書きましたが船宿やシーズンによっては、もっと軽くても良い場合、あるいは逆の場合もあるので、事前に船宿にどれぐらいの重さのルアーを使えばいいですか?と連絡しておくと無駄な買い物をせずに済むとおもいます。

この度も、御閲覧頂き、ありがとうございました。
今後もネタ作り、あるいは発見次第、書いて参ります。
宜しくお願い致します。

ご参考までに、テール用のTCツインスパーク。こちらはアシストラインの長さが1cmの物です。針サイズは1~1/0ぐらいで大丈夫です。            ※画像クリックでナチュラムの商品詳細のページに飛べます。 ※こちらも画像クリックでナチュラムの商品詳細ページに飛べます。       フロント用です。アシストラインの長さが1cmのものです。          ご参考までにどうぞ~~針サイズは前述の物で大丈夫です。

明けまして、おめでとうございます。

少し、時差がありますが、明けましておめでとうございます。
本年も、あっくんの釣りぶろぐをよろしくお願い致します。

一昨日友人等と、東京湾シーバスを今年の初釣りということで、計画していたのですが、悪天候等でキャンセルされ、2月の中人以降に計画がシフトしてしまいました。

また私自身も体調を崩しているので、釣りの頻度が減っている状態となっております。

まあその内、ソロでも冬のタチウオジギングをしようかなとか、考えておりますので、2月までやらないというわけではないと思いますw。
冬のタチウオジギングや、シーバスジギング、それぞれソロで2月の中旬までに、1度ずつは最低でも、行っておきたいかなとは考えております。

現在まだまだ、シーバスのみならず、サワラやイナワラの回遊が多々見られ、シーバスと並行して青物まで狙えるという贅沢な状況なので、これが終わる前に行っておきたいんですよね~・・・

今回シーバスジギング行けたら、シーバスお勧めルアー紹介したいなとか、思ってまーすと、前回の記事から、言ってましたが、とりあえず今度それは近々書き上げる予定です。
もうしばしお待ちください~!




久々の釣り記事。寒い冬の釣りで活躍するウェア・小物紹介!(手袋編)

はい、どうもこんにちわ~あっくんでございます~
最近暖冬化傾向とか言われてても、冬の釣りは寒くてつらいですよね・・・
私も、冬場の釣りは何年か前は、春夏秋と比べると、頻度を落としていたのですが、東京湾のシーバスジギングに目覚めてからは、どうにか、冬の海の寒さから解放されたい!と思い色々商品を漁り、辿り着いた最適解装備があるんですよね。

冬の釣りで私がつらいと感じたのは、手、指、足なんですよね・・・
なので、今回はそれらに関するモノを紹介していこうかと思います。
手袋やブーツなどなどね。

とりあえず、私的に最強のグローブセットを紹介しようと思います。
グローブセット?と思われるかもしれませんが、スキーヤーとか、スノーボーダーなら、アンダーグローブ、オーバーグローブとかから着想を得て、釣りでもそうゆう感じでグローブを2枚重ねてやっております。
私自身、スキーを12年、スノーボードを10年ちょっとやってますし、つい2週間ぐらい前まで、1週間ほど、北海道にスノボ旅行に行ってましたw

ただ、釣りでのオーバーグローブ、アンダーグローブと、スノースポーツのオーバー&アンダーグローブは用途が違うんですよね。
目的は防寒と言う事で共通してますけどね。
スノボとかであれば手はほとんど使わないので、オーバーにゴアテックスとかのすごい分厚いグローブ付けてもなんら、競技に影響はないのですが、釣りは、リールを回したり、ロッドアクション付けたり、糸を結んだりととにかく手作業が多いです。
で、手作業の障害にならない+防寒対策となるグローブセットがこちら。

  

まず、アンダーグローブです。
フリーノットさんの、光電子ファイバー技術によって、製造されたグローブです。
正直こんな薄っぺらいの、なんの役に立つの?とか買うまで思ってましたが、これクソあったかいし、スノースポーツなんかでも愛用してたりして、何度もリピート購入してるぐらい、信頼しております。
で、フリーノットというブランド、御存じない方もいらっしゃると思うので、軽く説明しておくと、釣りの仕掛けとか、良く販売されているハヤブサさんのウェア部門です。
値段も親切ですし、性能も抜群、スマホ操作とかも一応できます。
ただメーカー側はスマホ用として、謳ってるわけではないので、スマホグローブとかと比べると、スマホの操作性は悪いかもです
値段も安いので穴が開いたりとかしてもあんまり精神的ダメージないですしね~。一応私は今1セット釣り用に使ってるの、穴開いちゃってますが、全然機能に問題を感じてないので、まだまだ現役ですw

そして、次に紹介するのがこれの上に着用しているオーバーグローブの紹介です。

 

リバレイのタイタニウムグローブです!
なにがタイタニウムなのかというと、どうやら簡単に説明すると、チタンを粉々にしてそれをグローブに埋め込んでるそうです。
それで断熱性を確保しているということだと思います。
そしてチタン金属ということで、金属の中でも有毒性がないので、金属アレルギーの方でも着用できます。(チタンでもダメな場合はあるかも?)
更に立体裁断方式なので、先程のアンダーグローブと合わせやすく、グローブが2重でも操作性を失う事はありません。
なれてしまえば、釣り糸なんかもグローブつけっぱで、できるぐらいです。
慣れない方は、釣り糸とかを結びなおす時だけ、オーバーグローブだけ脱いで、アンダーグローブだけ着ながら結べばよいかと思います。
ただ、少し問題があって、耐久性がなあ、とかって思う事があります。
1~2シーズン冬のジギングをやりこんで、新品を買いなおす時があるといった具合です。
只丁寧に扱えばもうちょっと延命できるかなと。
基本的に針挿しちゃって、その傷が広がって、壊れるみたいなとこあるんでね、私の場合はw
後、クロロプレン製フルフィンガーグローブの中では、他のブランドと比べるとかなり安価なので、高価なモノ買って壊すよりかは、ヘビーユースで、いづれ壊れる事を前提で運用していた方が経済的かもしれませんしね~。

と、言う事で今回はこれぐらいにしておきます。
本当はブーツも紹介したかったのですが、どうやら現在販売されていないようで、ブーツの紹介は、自身が使用したことないのをしても意味ないので、今回はしません。
またよさげなの見つけたら紹介しようかと思います。
ちなみに、最近の冬場の釣りで使っているのは、RBBのチタニウムシリーズのブーツでした。
すごい重いけどスパイクとかないので、船もOKだしすごいあったかいみたいなのがあったんですけどね・・・
ブーツ自体が結構な重量あるんで、そのマイナス面すらも、揺れる船で逆に安定性を確保できたりして気に入ってるんですけどねw

それでは、近々また更新しますので、よろしくお願いします。
年明けて、1月ぐらいにシーバスジギングを友人と行こうかと考えてますんで、またそちらも記事にする予定です。
それではまた!

令和!【新訂版】東京湾タチウオジギングで、絶対に後悔しないメタルジグ10選!+オマケ

何年も前に、タチウオの知識が無い私は、タチウオジギングを始めた頃、タチジギ研究のため、莫大な時間、何十万もの無駄金を投じました。これからタチジギを始めたい方、あるいは苦戦されている方に、悔しい思いをしてほしくない、そんな思いで今回の記事を書きます。

ということで、どうも、皆さんこんにちわ。あっくんでございます。w
以前にも似たような感じで、東京湾においての、タチウオジギングのお勧めジグ5選~~~!みたいなのをやりましたが、あれから、1年以上経過し、私もその間に幾度も東京湾へ、タチウオジギングの釣行を繰り返し、釣り具メーカー等が主催するタチウオをターゲットとしたジギングの大会もあれ以降3回程参加し、新しく学んだ事もあったので、それも加えて改めて紹介したいと思います。
まあ、7月のタチウオ釣り久しぶりに再開したよ~みたいな記事を書いたときにちょこっとだけ、2種類程メタルジグを紹介しておりますが・・・。
やはり何度も、こちらのブログで言ってますが、タチウオジギングは難しく、繊細な釣りです。

釣果が伸びない時、あるいはそもそも釣れない時に、がんばって1本を釣り上げるのか、渋いなりにコツコツかけていくのか、あるいはそのまま撃沈するのか、タチウオジギングにおいて、それを左右するのは、手数の多い少ないが決定的な理由になるシチュエーションが、かなりあります。(もちろん少ない方が不利です)
まあ冒頭でも言ってますが、東京湾でタチウオジギングを始めて間もない頃、釣り番組や、同船した熟練者なんかの話を聞いて、口をそろえて「手数や引き出しの多さ」を語るんですよね。

そこで、「手数」と聞いた私は直感的に・・・
まずルアーを買いあさりました(当時で30万いかないぐらい)
そして気に入らないロッドを2本ぐらい購入(10万円ぐらい)
ラインやラインシステムの研究(3万円ぐらい)
等々をしてしまい、何年もタチジギに通い、自信を持って自分はタチジギに関しては熟練したなと感じるようになった後、あのころを振り返り、最終的に買ってよかったと、思える商品の総額は5,6万円でした。投資した8分の1ぐらいしか、役に立ちませんでした。
じゃあ釣り番組や、熟練者の人がウソついてたのか、というとそうゆうわけではなく、むしろ的を射てます。
何もない状態から、タチジギを始めた私は、それらの言葉の意味を、未経験者的な立場から、直感的にその言葉の意味を理解してる”つもり”だったんですよね。

まあ、釣りを一生懸命やってうまくなりたい、釣りを一生の趣味にしたい!そんな強い意志のある人からすると、こうゆう痛い経験をしておくことで、その後の釣り人生において、釣り具を購入する際に、これは必要なのか?良い道具なのか?と審美眼を身に着け、買い物で失敗をしなくなります。

それはさておき、私は本ブログで、初心者や、事前準備に困った中級者層に向けた記事が、振り返ってみると多いんですよね。
そうゆう方、とくにエントリーアングラーは、多額の間違った買い物をしたっていうだけで、釣りへの意欲を失ったりすることがあります。それは凄い惜しい事なのではないかと思ってます。
初心者は「試しにやってみよー!」「ダメじゃん、釣りなんかやらねえよ」ってなっちゃうリスクがあります。
逆に、 「釣りを一生の趣味にするぞおお!」という熱意溢れる方は苦い思い出、というレベルで済まされますけどね 。

前置きが、例の如く長くなりましたね。w
それでは、お待ちかねの後悔しないタチウオ用ジグ!10選!

今から紹介するルアー、10種類買っておけば爆釣できるんだよね?じゃあ釣り場についたら適当にこの中からピックして、結べば絶対釣れるんだよね?って思われたくないので・・・
・A:タチジギゲームの核として運用するジグ
・B:核となるジグではいまいち効果が出ない時に有効なジグ
・C:そもそも何の結果も得られない状態で使うべきジグ
という形で紹介していこうと思います。
(後ジグは消耗品、タチウオジギングならなおさらなので価格的にも良い物を中心に紹介します)

それではまず、Aの
「 タチジギゲームの核として運用するジグ 」から、1個目!

同じ季節、同じ海域でも以前のルアーがないつまで経っても効果的だ、とならないのがタチウオジギングの難しさであり、醍醐味。
まず、ポイントに到着して、海の状況を見るために、真っ先に私が投入するのはこちら。
「シマノ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン」です。

どうゆうジグかといいますと、特徴がないのが特徴、といった感じです。
スピードに関しては、しゃくりあげた時の速度、落ちていく速度(フォール速度)、共に早くもなく、遅くもなくといった感じです。
ルアーの挙動(アクション)に関しても、ギラギラ!!バシバシ!!スイスイ!!とか、逆にびろーん・・・とか、派手すぎず、地味すぎず、ニュートラルな動きをします。
もっと詳細に言うと、上げのアクションは、少し早めの速度で単距離を上に移動します。
そのあとに結構長めのブレーキというか、水平に近い姿勢で停止します。
タチウオジギングは後ろにフックを付けるのが、当たり前なので、落ちる間は、水平に近い姿勢のまま、激しいローリングをするわけでもなんでもなく、ヒラヒラと、落下していきます。
まず、こうゆう、”特別偏った動きをしない”ニュートラルなルアーで、上げで食うのか、下げで食うのか、を見ます。
上げor上げた直後のバイトが多い様であれば、ルアーの動きを遅くする必要がないという、推測が立てられますし、逆に、
しゃくりとしゃくりの間のフォールで、次のしゃくりに極力近い状態でのバイトがある場合は、今後しばらくは、遅い動きを演出したほうが得策であると、結論付けます。状況偵察ですね。
一日を通して、こいつを使い倒すようなことはしません。
「じゃあなんで使ってるの?ww」となると思いますが、状況偵察みたいなものです。
そうゆう意味では私的には、現状トップレベルのジグです。
・まず、朝一番釣りが始まった時
・潮が変わった時
・今まで反応の良かったルアーで食わなくなった時
・船が大きくポイントをずらした時
などなど、状況が大きく変化した節目に、適当なジグを適当に打ち込んでも、その後の釣りの組み立てが難しくなるだけです。

135g~160gぐらいを持っておけば大丈夫です。
但し、初夏や、秋口とかで、いきなり浅場で釣れ出す場合もあるので、浅場を攻める事があるようなら110gも用意しておくといいと思います。
釣り場の水深は事前に、船宿等に聞いておいた方がいいです。
カラーは、最近出たパープルとか、レッド、シルバー系がお勧めです。これのブルーとか、グローとかも私は持っていますが、東京湾のタチウオにとっては、魅力的じゃないのか、それらのカラーはダメな気がします。
それと早すぎるアクションや、入力の強いアクションを付けてしまうと、テールフックが必須のタチジギでは、テーリングしやすいので、そこまでバシバシしゃくることはお勧めしません。

Aの「 タチジギゲームの核として運用するジグ 」から、2個目!
DUEL ヨーヅリブランカです。↓

とまあ、タチウオ関連のすべての記事で、必ずこのメタルジグの事を挙げてますが、とにかくこいつの破壊力は半端ないです。
もし、メタルジグを1本しかもってけないとかそんな状況だったら、間違いなくこれをもっていく、それぐらいこいつは強いです。
単純にワンピッチでタチジギするなら、これの右に出るジグは、2019年現在も、私の中では存在しません。別に大げさに言ってるつもりもありません。
何年間も東京湾のタチジギに通ってますが、このジグで最もタチウオを釣っています。自己記録最大の123cmのタチウオもこいつで仕留めました。
どんなジグかと言いますと、フォール速度は、わずかに早い部類、上げ速度は、早くないけど遅くもないといった感じです。
重心がやや、後ろにありますので、フォールは、若干スライド気味の姿勢です。ただ、スライドと言われると青物ジギング用のロングジグみたいにするのかっていうと、そこまで派手なスライドはしません。
イメージ的に説明すると、「斜め後ろ滑り」といった感じですかね。
上へのアクションは、本当に単純に、クイッと上がる感じですね。
重心がやや後方であることと、ジグそのものが、若干分厚いので、上げのアクションでのスピードはさほど出ませんし、当然抵抗も、ロングジグのように少ないわけではないので、飛ぶようなアクションもしません。
おそらくこの早すぎず、遅すぎずが、タチウオに効いてるんでしょうね。
遊泳力のない、タチウオは早すぎる標的を捕食することを諦めますし、逆に遅すぎると、タチウオのみならず、リアクションバイト(反射的、直観的に魚を食いつかせる行為)に、至らせることがそもそも不可能です。
そして、投入するシチュエーションですが、先程紹介した、センターサーディンで、早い動きor中速ぐらいで、食うことが多い状況で使ってます。
だから、まったく食わないわけではない状況で、さらに中速、あるいはそれ以上のアクションで食うようであれば、第一候補がこのジグになります。
アクションですが、1ジャークにつき、リール1回転の典型的な、ワンピッチで使用するのがおすすめです。
むしろこれをスローピッチとかで刻んでもさほど効果がでた試しがないです。
ワンピッチ最強の一本だと認識してもらえたら、と思います。
お勧めのカラーは、紫系、赤系、シルバー系、ピンク系ですね。
オレンジ系は、何年も東京湾で試したが、ぜんっっぜん刺さりません。なのでオレンジは買わないほうがいいです。
中でも最強に釣れるのは、ZRP(ゼブラレッドパール)ですね。
紫系のはグローのタテシマ模様が入ったのも強いですが、個人的には紫単色の物のほうが強いかと思います。
シルバーを一応推奨してますが、シルバーは、単色のものではなく、シルバーとグローのタテシマ模様が入った物のほうが有効です。
投入する優先度としては、赤ゼブラ→紫→ピンク系→シルバー系ですね。
シルバーの使いどころはちょっと難しくて、ブランカで食うには食うけどなんか、渋さを感じる、そんなときに同じジグでも、シルバーグローが刺さったりします。
用意するグラム数は、まず船宿に問い合わせてみるのが良いですが、値段も親切ですし、先程のセンターサーディンみたいに、軽すぎるとまた、使用に困る感もないので、80g~180g200g満遍なく揃えておくと良いでしょう。

次に紹介するのも、またAの核となるジグ、のひとつです。
メガバス スラッシュビート ですね。↓

あの有名なメガバスさんの、ソルト向けのジグですね。しかもどうやらこれは、日本市場でしか流通してないそうで。
メガバスというと、バス大国アメリカの、バス専門の歴史ある大ブランドで、ソルト商品なんか弱そうなイメージありますが、実際にこれが発売された3年ぐらい前に使い始めた際、その先入観はひっくり返りましたね。
まあこれも、自分の中では間違いなく最強のメタルジグのひとつですね。先程紹介したヨーヅリブランカとどっちが強いかといわれると同じぐらいですね。
バイトパターン的にはブランカで釣れるんだけど、いまいち釣果が伸びないみたいなシーンで、こいつを投入することでブランカと補完しあう、最強の双璧みたいな感じになります。
というのも、ブランカの方は、設計上(?)薄っぺらく作られておりません。なので、上げのアクションで、厚めのボディが強めの波動を基本的に出します。
逆にこちらのスラッシュビートは薄めに作られております。
このやや強めの波動が、ブランカにおいての武器の一つなのですが、タチウオは臆病な魚種なので、時にはそれを脅威と感じてしまう場合もあります。
そうゆう群れであったり、個体を掛けていく場合は、こちらのほうが波動が出ないので、逆にこっちで爆釣した日、というのもざらにあります。
バイトパターン的にはブランカが正解なはずだが、いまいち食いが良くない場合は、これを投入してますね。
基本的にこのようなパターンにおいて、バランカとスラッシュビートを交代で、投入していくような釣法が悪い方に作用したことは、ないですね。
お勧めのカラーは、バイオレットピンク、ブラックボーン、バイオレットボーン、辺りですかね。
以前から紫系をタチウオジギングではお勧めしておりますが、スラッシュビートの紫だけは、釣れないわけじゃないんだけど、そこまで釣果が出た記憶がないので、お勧めカラーとはしないでおきます。
こちらもまあ、まず船宿に問い合わせるのがベストですが、100g~180gぐらいを用意しておくのが良いでしょう。

実はその昔、ザウルスという会社から、ヒラジグラCWというジグがあり、私はタチウオジギングであれを愛用してましたが、知らぬ間に廃版になってゆき、一定の状況において特効性がある、と信頼していたジグはブランカだけ、という悲惨な時期がありましたがこれが出てきてからは、かなり安心してタチジギができてますね。現在ザウルスは、ヒラジグラセミロングなるものを販売してますが、フォルムはCWとは到底違うわけで・・・
試してみたいとは思いますが、試せてません・・・

そして、 「タチジギゲームの核として運用するジグ 」の4つめですね。こちらです。
ジャッカル アンチョビメタル タイプ0

国内の有名釣り具メーカーのジャッカルの、タチウオ攻略商品の4つある、アンチョビメタルシリーズの一つです。
4つのラインナップがあるアンチョビメタルシリーズは、このタイプ0を除き、タイプ1,2,3共に其々、独特の性能を持ち合わせていて、簡単に言うと、1つのアクションやスピードを演出する事に特化したジグなんですよね。
ですが、このタイプ0だけは、唯一、どれにも特化しないもので、悪く聞こえるかもしれませんが、1番目に紹介した、センターサーディンのような感じですね。
なんというか、センターサーディンをそのまま盛った感じですかね。ただ、センターサーディンと比べると、ややボリュームのある設計ですので、あちらよりもわずかに水中での暴れが強いのかなと思います。上げのアクションが、あちらはやや水を切る感じがあるのに対し、こちらは少しボディを振りながら上がり、フォールアクションにおいても、平面で見たときのふり幅が若干広い、といった感じです。
ただこちらも地味でも派手でもない、早くも遅くもない、あちらと同じポジションのルアーですね。

使うシーンとしては、その日のゲームを組み立てるのにあたって、センターサーディンから始め、直後に、ブランカや、スラッシュビートを入れずに1度これを挟んで、さらに海の状況を読む事で、ブランカが通用するのか、スラッシュビートが通用するのか、はたまた別のジグを投入すべきか、そうゆう考えに至るためのショートカットとして大事ですね。
これはセンターサーディンと比べると、厚めのボディなので、波動が出ます。波動が出て尚食わないのなら、ブランカを試しに投入してみるっていう工程を省くことができます。

後たまにですが、ブランカでもスラッシュビートでも釣れるんだけど、いまいち釣果が伸び悩むときにこれを投入した瞬間、コンスタントに釣果が伸び、その日を通してこれが効く、なんていう場合もあるんで、偵察もできるし、シチュエーションによっては、これを主力としてその日のゲームを完結させることもできます。
偵察能力としては、センターサーディンよりは少し劣りますが、積極的に数を増やしていく性能っていうのはサーディンよりかはあるので、センターサーディンを持ちつつも、こちらも運用するとより、その日のゲームの構成が大分楽になるかな、と思います。
それとこちらを紹介したのには、もう一つ理由がありまして、センターサーディンはそろそろ、廃版になると思うんですよね。
発売からかなり年数が経ってますし、シマノさんは、極々わずかなルアーしか、長生きなものがありません。
シーバスでいうところの、サイレントアサシンとかね。
後はリメイク版とか言って、当時と性能が異なるものを、同じ商品名として、再販したりする事はありますが、純粋なセンターサーディンはその内、大方無くなります。
、近い将来センターサーディンが入手困難になり、偵察用ジグとして運用できるジグに困った場合の候補はまだこいつがあるんだぞ!、そんな意味合いも含めて紹介しました。
カラーは黒、紫、ピンク、ドラゴンチャートが良いかなと思います。東京湾のタチウオは赤いものを好むように思いますが、なぜか、アンチョビメタルのタイプ0の赤とかゴールドとかオレンジ系っていうのはあんまり効かないんですよね。
で、重量も船宿に問い合わせください。
基本的には100~160gを用意すればよいかなと。
後、センターサーディンと比べると、テーリングし辛いので、初心者様や慣れない方からしても親しみやすいかも?ですね。

蛇足ではありますが、もうすでにシマノは、センターサーディンの後継的な立ち位置として、サーディンウェバーなるものを販売しておりますが、あれはフォール速度も圧倒的に早いし、アクションも大きい、商品名こそ、センターサーディンと似てますが、性格は全く異なるメタルジグです。
確かにあれは良いジグではありますが、スローピッチによる青物・根魚攻略への意識配分が強いのかなと感じており、タチウオに対する有効性はやや薄いかなと感じております。

それでは、ここからはBの・・・
「核となるジグではいまいち効果が出ない時に有効なジグ」
要は、上で紹介した4つ、特にブランカとスラッシュビートが効かない時に効くモノを紹介していきます。
こちらも4つ紹介していきます。

まずは、ブルーブルーのフォルテン です。

正直、ブルーブルー製品を紹介するのは、悩みました。
値段が、初心者に優しくないし、タチジギにおいては、タチウオのその鋭い歯で糸ごと切断し、ルアーを失うこともしばしばあるので、些か不親切かとは思いますが、前述した4つが通用せずに、途方にくれるよりかは、少しお値段が張っても、用意しておく価値が大いにある一本であるとは思いますので、紹介させていただきます。ちなみにその内、フォルテンは、フォルテンミディアムとして生まれ変わっていくので、下記に掲載するフォルテンミディアムと抱き合わせで、読んでください。

ブルーブルー フォルテンミディアム↓
※アマゾンのラインナップが弱いので、ナチュラムから抜粋。
商品画像クリックで、詳細なページに飛べます。

フォルテンのほうがサイズが小さめで、ミディアムになったことでボリュームが出ました。アクションとか運用法とかは、まったく一緒です。東京湾タチウオの場合、コンパクトなジグで爆釣するなんていうシーンは極々稀で、基本的にはある程度のサイズが必要であると、感じますし、ミディアムになったことで、発生したデメリットを私自身は全然感じてません。
ブルーブルーは関東の企業なので、ホームグラウンドである東京湾で研究した結果、正当進化したんでしょうね。

さて、スピードやアクションに関してですが、落下速度は結構早い部類かと思います。
上げのアクションは、重心がかなり後方に寄ってる事と、特段薄っぺらく作られてないので、水を激しく切るような動きはしません。なので、上げのアクションは、平面で見ると狭めの幅を、左右に大きくもないが、細かくもない、程よい感じで振りながらの動きになります。
そしてフォールのアクションですが、早い落下速度を、ゆらゆらと落ちていく、そんな感じです。重心が後方に寄ってるので、大げさな水平姿勢とか、水平を維持する時間はほぼ皆無です。
運用する場面としては、当然、前述のタイプ0やセンターサーディンで、様子見をし、ブランカやスラッシュビートに付け替えても効果が出ない、そんなときに投入してますね。
独特な形状をしてますんで、波動の出方もそれらとは全然違うでしょうし、動きもまるで違います。
なので、ブランカやスラッシュビートが通用しない時に、投入してみると、釣果がグッとでたりしますね。
あと、東京湾とかで行われるタチウオのジギングのコンペティションとかで入賞されてる方の中には、大体これを使ってた、っていう人が必ず一人、二人いるんですよねw
まあ、それぐらい渋い状況においても優秀な一本です。
カラーは、シルバー系と、ブルーピンクじゃなければ、どれも満遍なく効くと思います。
重量に関しても、まず船宿に問い合わせる事が大前提ですが、90g~150gぐらいあれば、十分だと思います。
季節的に水深100m前後を狙う時期がありますが、その場合は200gを用意しておくと、尚良しです。

そして、 「核となるジグではいまいち効果が出ない時に有効なジグ」 の2個目。
ジャッカル アンチョビメタル タイプ3↓

先程は、同じラインナップのタイプ0を紹介しましたが、こちらはあれとは全く性格の違うタイプ3ですね。
タイプ0以外の、タイプ1、タイプ2、タイプ3、それぞれ得意分野があり、こちらのタイプ3は、上げのアクションは別に大したことはありません。
というのもこれは、フォールの動きを最大限活用するもので、このジグを運用する場合は、上げで食わせる事は、一旦捨ててください。
このジグにおいての「上げ」は、タイプ3の強みである、トリッキーな落下を引き出すための作業でしかありません。
じゃあどうゆうフォールをするのかと言いますと、基本的にまず、スライドフォールと呼ばれる動きをします。
上から見ると、左右に大きな間隔で、落ち葉のような動きをします。
そして、そのスライドフォールの中に、ローリング(ジグ本体がぐるぐる回転する)が、強くかかったり、ほんのりかかったり、時には ほぼほぼ、無回転であったりと、只々スライドフォールするだけでなく、3種類以上のイレギュラーな回転が混じります。なので、1ジャークしただけ、それだけの一連の動作だけで色んな動きを演出させることができるんですよね。
なので、興味を持ってくれない個体を、興味を持ってくれる個体へと、たった1ジャークで変貌させることができます。
船の上の釣り人からすると、ローリングしたスライドフォールか、そもそもローリングしてないのか、スライドフォールしながらローリングにブレーキがかかったのか、水中で動くルアーをあくまでもイメージででしか、想定できませんので、イメージフィッシングを愉しむ、そんな上級者からすると退屈なジグかもしれませんが、初心者からすると、渋い状況で何とか釣果をたたき出す、良いジグではないかと思います。
と、同時に、例えばですが、竿を大きく振り上げて、ストンと振り落とし糸ふけを作ってみれば、それだけの距離をスライドフォールします。ルアーを自在に操作する、その感覚を初心者が手に入れる良い切っ掛け、ショートカットにもなるのではないかと思います。
カラーは赤に白のタテシマが入ったのが個人的には最強化と思います。タイプ3のカラーは意外とどれもかなり強いですが、赤と金が混じったモノですかね。
重量は船宿に問い合わせてください。まあ100~160gあれば大丈夫かなとは思いますが。

そして、 「核となるジグではいまいち効果が出ない時に有効なジグ」 から3つ目のお勧めですね。
これもまたジャッカルのアンチョビメタルシリーズのタイプ1になります。

この製品シリーズに関しては、散々この記事で説明したので、このジグの概略だけざっと説明します。
このジグはとにかく、落下速度が速いです。
後方に徐々に重心を付けてあるモデルで、タチウオの反応の出てる水深を、あくまでもワンピッチでテンポ良く、撃ち込み続ける、そんなイメージで使ってもらえると良いかなと思います。
アクションに関しては、ローリングとか、広いふり幅とか、そうゆう動きはほとんどありません。
一貫して、早い動きで、上げは細かいふり幅でのゆらゆらアクション、落下も、ゆらゆらとお尻を振る程度っていう感じですかね。
全ての動きが早い、という事は、海底に最速で送り届けて、タチウオのいる水深(タナ)に最速で到達し、ダメだったら打ち直す、その試行回数がどのルアーよりも多く取れます。
ようは、いっぱい打ち込んでいっぱい釣る、数撃てば弾当たる理論ですね。あまり深い事考えずにぼーっとワンピッチしてれば、釣れない訳じゃない、そんなルアーなので結構これも初心者にお勧めですね。
私も釣行中、眠くなったりして、頭が働かない瞬間がやってくると、この脳みそを筋肉と化した釣法で、数を伸ばしたりしますし、それで全然釣れるシンプルな一本です。
重量もこちらも船宿に問い合わせてから、ですが100~160gあるいは180gまでが、主流かなと思います。
カラーは、ゼブラグローの紫と、オレンジと、シルバーじゃなければどれも強いですね。

そして、 「核となるジグではいまいち効果が出ない時に有効なジグ」 シリーズの最後4つめですね。
メジャークラフト ジグパラバーチカル ロングスローです。↓

ある程度ジグに詳しい方であれば、わかると思いますが、ディープライナーのSPYシリーズのような、SFCのメサイヤのような何かなんですよね。
多分こうゆうシルエットの強さを最初に発見したのは、SFCやディープライナーあたりでしょうね。
その後すぐにシマノがペブルスティックという形で、似たような製品を作り、やがてメジャークラフトも作りました。
まあ最近こうゆうまるみを帯びてるのに細長いみたいな、ジグを各社出してるのは、強力なシルエットであるからっていう裏付けでもありますかね。
当然SPYFIVEやメサイヤは、かなり強力なルアーですが、値段もかなり強いです(笑)
なので、ロストした時のショックも強いです。初心者なら尚更。
それに比べると若干ペブルスティックのほうがコスパ良いですが、個人的にあれはタチウオにはそこまで効果的であるとは、思いません。青物とか、根魚の時は愛用してますけどねw
それはさておき、こちらのジグは、メジャークラフトの製品なので、かなり安いです。
アクションに関しては、所謂ロングジグのような性能を持ち合わせつつ、ロングジグよりも、全体的にゆったりとしたアクションを出せるようになっております。
※ロングジグというのは、高い遊泳力と捕食力を兼ね備えた魚(主に青物)に対して、ビュンビュン動かして食わせる、そうゆうジグです。

最初に紹介した4つとも、それと先述した3つとも、形が全然違いますよね。
ペブルスティックとかでもそうですし、私はこうゆうシルエットのジグに一定の信頼がありますし、こちらも全然タチウオゲームで変化球として投入しますが、困り果てた時の代打として良く釣れるジグです。

それでは、最後に2種類
C:そもそも何の結果も得られない状態で使うべきジグ
から、まず一つ目ですね。
またまた、ジャッカルのアンチョビメタル タイプ2ですね。

ここ3年ぐらい、東京湾でのタチウオの数は、かなり増えましたし、一時期と比べると圧倒的に釣れるようになったと思います。
水深も大体40m~70mがメインとなり、よりエントリーしやすい分野になったと思います。
ですがいつも安定して釣れるとは限りません。
もうどうしようもないぐらい渋い日や、時間帯っていうのが出てきたりもします。
そうゆう状況で最も魚を掛けたのがこれ、なんですよね。
正直最悪の状況では一番信頼を置いてます。
簡単にどうゆうジグかと説明しますと、何もかもが遅いジグです。フォールもこの中で紹介したジグの中では1番遅いですし、上げのアクションも鈍い動きをします。重心が極端に前にあるので、引き重りも強い方です。
先程紹介したタイプ1の真逆の性能ですね。
アクションに関しては、上げのアクションは、重く鈍い、そんな感じです。縦方向の移動距離は、クイッと首を持ち上げた後、極端な前方重心の影響で、かなり水平に近い姿勢を維持し、そのまま、ジグザグにヒラヒラと落ちます。
なんだか、先程紹介したタイプ3と似てるように思われますが、あれは、反射的に魚に口を使わせる時間を大きく確保してるもので、こちらは、見せて見せて食わせる、そんなジグです。
そしてアクションもどちらも派手なほうですが、こちらは全体的な動きも含めて、ワンランク落ち着いてるといった感じです。
そして、タイプ1はとにかく試行回数を多くして、釣る感じですが、これはもう最悪の状況で1本1本を少ない試行回数、堅実に釣ることができる優秀なジグです。
それとこのタイプ2、前部に水を受ける窪みのようなものがあり、それが寄与して、ゆったりとした、キレイなヒラヒラアクションを実現できているのではないかと思います。
お勧めのカラーは紫とブラック一択ですね。
まあ、そもそも渋い状況で投入するジグですから、たまたまほかのカラーが食わなかっただけ、かもしれませんが、ブラックなんかは特に絶大な信頼を置いてます。
重量は130~160gぐらいをメインに少しだけ揃えるのが、良いかなと思います。
というのも、タイプ3とタイプ2、両方持ってると、タイプ3のほうが若干、汎用性があるので、タイプ3のカラーバリエーション、重量バリエーションを多めにストックして、タイプ2を何本かちらほら持っていく、ってのが理想的かと思います。
唯一難点を上げるとすれば、かなりフロントに重心があるジグなので、勢いを付けてジャークすると、ほぼほぼテーリングしてしまいます。なので、ルアーの重みに負けながらアクションを小刻みにつけたり、ゆっくりと大きなリフト&フォールをするのが最適解かと思います。

そして、最後に
C:そもそも何の結果も得られない状態で使うべきジグ
の2つ目ですね。
ハリミツ スコップジグです。

まあ、正直こちらは、先程のタイプ2の応用、と考えてもらえればよいかと思います。
フォールの仕方やきれいさ、全体的な動きはタイプ2同様です。
ただタイプ2ですら引っ張りだせない魚がいる、とすると、ルアーサイズとかを疑うしかないんですよね。
こちらはタイプ2に比べるとかなりコンパクトに作られております。
まあそのせいでわずかに全体的な動きはタイプ2より、ほんのちょっっっっとではありますが、早いです。水の抵抗面積とかそうゆう関係ですかね。
小魚ばっかり食べてて、尚且つ渋い状況では、タイプ2より効果的な場合があります。
カラーは、グリーン、シルバー、ゴールドでなければ、どれも強い印象があります。
重量も100~180gぐらいあればよいでしょう。
それと絶対に船宿に一度問い合わせておきましょう。

※オマケ

最近は、タチジギブームもあり、いろんなメーカーからもタチウオ用のメタルジグが出てます。タチウオが好むサイズやアクション、そして失っても精神的ダメージの少ない、ここで紹介した10個よりもさらに安いものが登場しております。
この3つ、いずれも持っておりますが、お勧めです。
左から1つ目と、2つ目はどちらかというとAの核となるジグです。
そして3つ目は、Bの変化球用ですね。
ピンクとシルバーは強くお勧めしません。オレンジは余裕があれば買ってみても良いのでは?ぐらいです。その他のカラーは結構強いように思います。

そして、ジグは意外と店舗とかで適当に選べても、針選びのほうが困る場合もあります。
私がもっぱら使ってる針は・・・↓

最近はもっぱらこの3つですかね~
左のシャウト製のイジカメタルアシストはフロントフックとして、真ん中と一番右はリアフックとして、運用してます。
130、あるいは150g以上のジグに対して、CLUEのCST-BL(一番右)は小さいので、ジャッカルのLサイズお徳用(真ん中)を付けてます。商品説明では200gとかにつけてくださいとか、書かれておりますが、タチウオは掛けて釣る魚でもあります。
なので、少しリアフックは大きくても良い、というか大きい方が良いと思ってます。と、フックが大きいことにより、メタルジグの水平姿勢の制御の維持や安定が良くなります。落ちるルアーに対して、フックが水中で抵抗になってパラシュートのような効果をもたらせます。
で、CSTーBLですが、80g~100g及び120gの小さ目なメタルジグに対して付けております。
ピンク色だからアピール力が高い!なんていう事を言ってる人もいますが、正直何色でも大差ないと思ってます。
真ん中と左の針は、フッ素コーティングが施されており、刺さりは抜群にいいです。グサッ!というよりかはむしろ、ヌルッ!と刺さります。
CST-BLに関しては、ちょっと鍵状になってて、刺さり始めたら強力にホールドできるような仕組みなので、良い針ですよ。

最後に、長々となりましたが、御閲覧頂き、ありがとうございました。人によっては、これら製品の中で、合う合わない等あるかもしれませんが、私個人としては初心者さんや、慣れない方にこれらを紹介しても恥じないぐらい絶大な信頼を持ってます。
あくまでも個人的な意見ですがまとめてみただけのものです。
もし、他のお勧めジグなどございましたら、コメント頂ければなと思います。
タチウオに強い製品ばっかりを紹介してきましたが、近い内にタチウオジギングの魅力をお伝えしたいと思っております。
宜しくお願い致します。

東京湾で船のジギングを始めたい方へ。その②注目のセール、リール編。

どうもー。あっくんです。
昨日はロッドのセールに際して、初心者や東京湾ジギングをやってみたい、という方向けの記事を書きましたね。
昨日の記事はこちら。↓
http://bit.ly/2nLgdz3

今回は、そのロッドに合わせるリールをまたナチュラムのセール品から紹介しようかと思います。ちなみにこのセールは10月の21日までです。
タイトルの通り東京湾でのジギングにおいて、初心者にお勧めできるリールを、セール品の中から紹介していきたいと思います。
・コストパフォーマンス
・シーバス、タチウオをメインに、小型青物相手でも無理のないパワーがあること。
・ルアーの操作に悪影響を出さないギア速度があること。
・PE0.8号から1.5号を200~300m巻ける事。
・故障や不具合のリスクが低いもの。
これら5項目を確保できているものを、紹介します。


まずは、こちらのダイワ ブラストBJ 150SH↓
※画像クリックで商品リンクに飛べます。

言わずとしれた、国産企業ダイワのリールです。
当然リールは、ダイワブランドのものなので、堅牢性や信頼性に関しては、初~中級機種とは言えども、十分すぎるぐらい確保されています。このワンランク下にヴァデルBJという比較的最近でた、ジギング用のベイトリールがありますが、それはこちらよりは、実売価格で3000円ぐらい安いですが、クラッチレバー等ちょっと問題があります。なので、ヴァデルBJを検討している方は、もう少し背伸びしてこちらを買ったほうが絶対に良いと思います。スピニングリールのヴァデルは神がかっていたのに、ベイトリールはいまいち評判は良くなくて残念です。
ちなみに、ダイワのソルト部門は・・・
ソルティガ→キャタリナ→ソルティスト→ブラスト→ヴァデルの順で、高級機→中級機→初級機となってます。
ラインキャパシティは、PEライン2号が200m、1号が400mと十分です。
そして、ハンドルも、ファイト時の人間側のパワーを出しやすく、なおかつハンドル操作、すなわち、ルアーに対してアクションがつけやすいタイプのバランサーハンドルとなっております。
たまにパワーハンドルがベスト、だとか言われる方がいますが、一般的にパワーハンドルと呼ばれるものはそこそこ大きな魚とファイトする際に、人間側の負担を軽減するものであったり、メタルジグの中でも200gとか300g、あるいはそれ以上の重たいルアーを操作しても、疲労感が出ないようにするためのものであり、感度等は犠牲になってるんですよね。パワーハンドル、ダブルハンドル、バランサーハンドルはそれぞれ目的が違うんですよね。
タチウオやシーバスは、ブリやカンパチのようなハイパワーなファイトは要求されません。確かに、タチウオやシーバスも良く引く魚ではありますが、ブリとかとはわけが違います。
タチウオの場合は、食ったかどうか怪しいような、些細な違和感も、徹底的に拾っていかないといけないので、バランサーハンドルがついたこれは非常にお勧めですね。
それとセール中であれば、ナチュラムで購入したほうが、アマゾンで購入するより、ポイント還元も含めると800円ぐらい安いですね。
それと、このリールはギアがハイギアとなっており、ハンドル1回転で最大77cmの距離を巻き上げることができます。個人的には、70cm~80cm/1回転あたりのリールが東京湾ジギングでは、最も有効だと考えてます。
個人的には、東京湾でシーバスやタチウオのジギングをする場合は、1mとか、あるいはそれ以上の距離を巻く、ソルティガベイトやオシアジガーは、かなり不向きだと思いますね。
スローピッチで、ハンドルを刻むとか、予めスプール容量を少なくするとかそうゆう工夫をすれば、対応できますが、東京湾は基本的に1ピッチでのアクションが有効だし、そもそも、スプール幅を抑えろとか、ハンドルで糸の回収量を刻んでいけ~とか初心者にいきなり突きつけるのは酷なことだと思いますしね。
私は、以前記事にしてますが、オシアコンクエストの300やオシアカルカッタの200など、1回転で70cm~80cm回収するリールが、経験則上、最も東京湾で魚を掛けましたし、それ故、メインは大体それらのリールです。

それと値段も、ヴァデルBJよりやや高いですが、セール中に買えば、アマゾンよりも実質1000円ぐらい安い感じですしね。
参考までに↓

一応、レフティ(左手でハンドルを巻きたい人向け)もあります。↓ ※画像クリックで商品リンクに飛べます。

そして、次はこちら・・・


と行きたいのですが、今回のナチュラムのセールはやや小規模なのか、「東京湾でのタチウオ、シーバスのジギング」というテーマに対してオーバースペックであったり、コスパに欠けるモデルが多かったので、「この記事において」はリールの紹介はこれだけにしておきます。まあ一応、アブ・ガルシアのレボ ビッグシューターコンパクトの7や8辺りも良いのですが、セールといえども2万円台中盤だし、ポイント還元を考慮しなければアマゾンのほうが安いんですよね・・・w
さらなるパワーが欲しい、とか別にもう1万上乗せすることに抵抗がないのであれば、こうゆうのもありなんですがね。

確かにこれなら、タチウオやシーバスのみならず、日本全国の近海の、中&小物のジギングはカバーできますしね。
ただこれぐらいの値段であれば、ライバル機種は結構存在してます。またこれは、価格帯事のお勧めリールといった具合で、新たな記事として、近い内に書きまとめようかと思います。
昨日の記事と打って変わって今回の記事は、ボリュームに欠けますし、リールを使う以上は、釣り糸も重要ですので、軽くセール品の中から、お勧めする釣り糸を紹介していきます。

シーガークレハの8本撚糸のPE1号200mですね。 海での釣りは基本的に、PEがほとんどです。ルアー釣りだろうが餌釣りだろうが。 PEラインとは、細い糸をまとめ上げて1本の糸にするという方式で作ってあります。 PEの種類は大雑把に分けると4本で構成したものと、8本で構成したものがあります。 こちらのものは8本で構成されているので、4本で構成されたものより、やや高強度で、糸の面が滑らかなのでお勧めです。 更に5色マーキングが施されているので、水深が重要となる船の釣りにおいて、出ている糸の色を見るだけで、水深がわかります。 ※画像クリックで商品ページへいけます。 次にシマノのオシアジガーMX4です。 これは8本ではないのですが、熱延伸加工という方法で、製造されているラインなので、4本撚りであるにも関わらず、ラインの伸度が少ない=魚の反応が伝わりやすい、さらに強度も8本撚りとタメ張れるという、大企業の金の暴力で研究されて開発されたラインです。ジギングのためのラインでもあるのですが、残念なことに、上記のラインと違い、糸のマーキングシステムがないので、自分が攻めてる水深がぱっと見ではわからないんですよね。だから着底させた後のハンドル操作した回数を加味し、攻めてる水深を逆算しなきゃいけないんですよね。お勧めのラインではありますが、初心者には運用が難しいかもです。ただコスパは全然良いので一応お勧めします。 ※画像クリックで商品ページへいけます。 次にヤマトヨテグスの8本撚り、300mのラインです。多分この中で、コスパが最も良いと思います。上記の2つは200mですが、こちらは300m、しかも8本撚りと色々と得すぎますね。8本撚りなので強度も、糸の表面の滑らかさも十分ですね。 私だったらこれ買うかなあって感じですね。

とまあ、釣り糸も簡単に紹介すると、現状この3つがお買い得かな?と思います。
ちなみに一応、リンクでは、糸の号数を1号で統一してます。
私は、東京湾では普段は1号ラインを使用してますし、細すぎるラインはトラブルが起きやすい上に、起きたら起きたでほどくのが大変なので、0.6や0.8号は初心者には推奨しません。
逆に太すぎるラインは、海の中で抵抗を受けて、ルアーが流されますので、感度の低下や、ほかのお客さんとのライントラブルの原因になったり、東京湾で扱う理由が特段ないので、太いラインも推奨してません。
1号糸はかなり細いほうですが、普通に釣れますし、単純に魚を上げる事に関しては切れた記憶がありません。
1m40cmぐらいのサメや、大型のエイもあげられました。
ただ、自分の結び方が甘かったとかで、切れたことは何度かありますけどねw
では、御閲覧ありがとうございました!
また、お勧めリールなどなどを新規記事として書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします~

東京湾でこれから船のジギングを始めたい方へ。その①ロッド編

皆様、お久しぶりです~
あっくんでございます。
前回タチウオのジギングで、道具や釣り方を紹介し、後日料理もして、記事にしたいと言いましたが、全然料理紹介ができず、
申し訳ありません・・・。
なのでタチウオ料理を紹介し、本題の東京湾ジギングに関する記事を書こうかと思います。

釣ってきたタチウオでとアサリとトマトをふんだんに使ったアクアパッツァ。
タチウオは白身なので、アクアパッツァにしても良いだろう、ということで作ってみました。
やはり東京湾のタチウオは異常なまでに美味しいですね。
キロ単価5000円してしまうのも頷けます。
タチウオ、マッシュルーム、冷凍剥きエビで作ったアヒージョ。
アヒージョはイワシやサバを使うのが主流かもですが、タチウオも光物の類なので、試しに作ってみました。
もちろん、最高においしかったです。
完成したアヒージョ。
皿に盛りつけたタチウオのアクアパッツァ。

ということで、前回記事にするといい、できなかった料理系の写真はここまで。
私はここ何年も東京湾でのタチウオジギングを足繁く、通っておりますが、今年のタチウオはここ何年かで一番美味しいと
感じました。大げさな表現をしているわけではありませんけど。

ということで、本題に戻りましょう!

とうとう、増税が適用され、ただでさえ高価な釣り具が更に高価なものになり、フィッシング人口が増えも減りもしない現状に、オフショア好きな私は若干の危機感を感じてます。
最近では若干釣り人口は増えていたらしいのですが、増税やのなんだので、さらなる新規アングラーが来なくなるのでは?といった具合です。
ということで、私が普段から使っている通販の釣具屋でセールが昨日の10/01に始まったので、これから釣りをしたいが、道具の購入をためらっている方に向け、ちょっと商品紹介をしようと思います。
これから紹介する道具は基本的に、東京湾の船によるルアーフィッシングを始めたい初心者や、これから東京湾で釣りしてみたいけど、何を持てばよいかわからない、そんな方を対象としております。

アマゾンや楽天、ヤフーなどにはない釣り具の購入や、ルアーのまとめ買いをするときに、いつも使ってます。ナチュラムという通販サイトです。
会員登録は無料です。
セールが10/21までやってますので、これから東京湾のルアー釣りをしたい!などという方に、強くお勧めします。

まず、この記事では、東京湾で一般的で、尚且つ、親しみやすいジギングのターゲットとなる、シーバス(スズキ)とタチウオをメインとした道具紹介をさせていただきます。(セール商品からメインに抜粋)

まず、最も重要な竿で、最もお勧めしたいのがこちら。↓
画像クリックで、詳細な商品画面に飛べます。

ソルティーステージPRM スキッドシャフトLT SPLC-672UL/100です。
シーバスをメインとして、浅場のタチウオや、時折東京湾を回遊する小型青物にも対応できるお勧めの一本です!
アブガルシアという、スウェーデンの会社の釣り竿です。
釣りになじみのない方は、「は?アブガルシア?なんやそれ~」
となるかもしれませんが、国内で、ダイワやシマノが登場し、普及するまでは基本的にこの会社が、日本での釣り具市場を独占してました。現在でも、ダイワ、シマノ、アブ(愛称)が、国内の釣り具市場の3大巨頭ですかね~。
昔のダイワや、シマノはアブの設計をまねしてました。
まあ、こちらの竿をお勧めする点としましては・・・
1・アブガルシアブランドなので、信頼できる点。
(万が一何かトラブルがあった場合は、日本の販売店が日本語で対応してくれる)
2・PEライン(釣り糸)の対応号数が、東京湾向けである点。
3・ルアー(メタルジグ)の対応ウェイトも20g~120gと、東京湾ではかなり理想的である点。
4・竿の長さが、大体2mぐらいな点。(後で解説します)
5・全長2mある竿ですが、グリップ脱着方式の2ピースなので
収納・運搬しやすい点。
6・小口径KRガイドである点。
まあざっくり言って、この6項目を踏まえたうえで最も、東京湾でエントリーする点においては最強かなと思っております。
それと、現在こちらはセール中で、半額の13000ぐらいで買えます。アマゾンよりも500円ぐらい安いです。さらに3ポイント還元されるので、最終的には1000円ぐらい、アマゾンで買うよりかはお得かなと。
釣りに関する知識が無い方からすれば、これらの説明は全く意味わからない思いますので、ちょっと解説すると・・・
この竿を製造してる会社は全然信頼できますし、私もアブの釣り具、竿やリールやルアーや糸、たくさん持ってますw
2のPEラインの対応号数に関してですが、基本的にシーバスやタチウオを船からメタルジグで狙うのであれば、0.6号~1号ぐらいのPEラインと呼ばれる釣り糸の使用が、東京湾では主流です。
比較的細めな糸を東京湾では使うんですよね。
タチウオやシーバスは、極端な話、マグロとかとは違うので、細い糸で対応できるんですよね。で、この竿は最大でPE2号という釣り糸まで対応できますので、前述の0.6~1号はもちろん対応してます。最終的に6のKRガイドにもちょっと絡む話ではありますが。

そして3のルアーウェイトの対応幅の話ですね。
例えば冬場の東京湾のシーバス(スズキ)のジギングは、基本的には40g~100gで成立するんですよね。
初冬とかだと、攻める水深が10m未満なポイントも多々あります。用は東京湾は基本的に重いジグを使うことは、まったくと言っていいほどありません。一昔前、東京湾でタチウオの反応が薄かったころは200gとか使う時期もありましたけどねw
端的に言いますと、滅茶苦茶重たいルアーを運用する設計、というよりかは、軽いルアーを運用する設計の竿なので、40g~150gがメインとなる東京湾のシーバスやタチウオはこれ一本でぶっちゃけカバーできます。

そして4の竿の全長の事に関してですが、基本的にジギング用のロッドは、6フィート(180cm)が基準です。
メタルジグは、人間側のリールを巻くスピード、竿を上下させる速さやふり幅で、様々な動きをさせられるルアーです。用は手数の釣りでもあります。
この手数というのはある程度、釣りの技術が熟練していくと、ロッドの長さに依存する事なく、メタルジグと呼ばれる鉛のルアーに生命感を吹き込むテクニックというのが出来上がりますが、それは何度も何度も釣行を重ね、道具を吟味して、人間が出力する感覚の世界のお話なので、初心者はそうゆう感覚的な部分を掴めません。
なので、感覚によるルアーの操作、というよりかは、まず、やや長めの竿を使って、竿そのものがやや長めなので、引き出せるアクションも自動的に増えるという点でお勧めしたいというのが4の内容ですね。で、ついでに5の話とも絡むので、言っておきますと、都内での釣りって車だけじゃなくて、タクシーとかバスとか、電車とか、移動手段が、様々なんですよね・・・
電車やバスで6フィート(180cm)の1ピースのロッドを持ち歩くと、モノや人にぶつけるリスクがありますが、これは2ピースに分割して154cmで持ち歩けるんで便利なんですよね。
車のトランクサイズに左右されることもないでしょうしね。
極端な話、154cmだったら、ポルシェの911みたいな車の後部座席とかにもおけちゃいます。

で、最後の6に関してですが、リールを搭載する必要がある釣り竿にはガイドと呼ばれる、糸を通す部品がついてます。
このガイドと呼ばれる部品は、基本的にカーボンをベースで作られている竿の重量の増加や低下に、大きく関係します。
ガイドは、チタンやステンレスなどで構成されております。
軽量なチタンはそもそもの価格が高いので、チタンガイドは高級機やハイエンドモデルぐらいにしか搭載されてません。
なので、エントリーモデルの中では上位め、全体的に言うと中級モデルであるこの竿は、ステンレスガイドです。
ですが小口径なので、軽いんです。
長い竿+大口径ガイドだと、釣り人への負担が大きいですが、この釣り竿はステンレスガイドでありながら、小口径なので、竿の全体重量が、軽いです。長めなのにも関わらず。
そして、KRガイド(傾斜ガイド)といって、ガイドそのものが、竿に対して傾斜を付けて、接続されています。これが死ぬほど重要なんですよね。
この傾斜がついたガイドというのは、釣り糸が緩んだ時に、緩んだ糸がガイドに巻き付いた際、自動的に解除する作用があります。(100%ではないですが、傾斜ガイドか否かで、かなり差がでます)
大手釣り具会社は、エントリーモデルからハイエンドモデルまで色々販売してますが、エントリーモデルにはこの傾斜付きガイドがついてない事があります。エントリーモデルこそ、トラブルレスな傾斜ガイドを付けてほしいものなんですがね~。

それと余談ですが、先程ルアーの動きを感覚的なものとして、出力する、なんていう話をしましたが、このロッドはレギュラーテーパーといって、竿の曲がり初めが、竿の中心ぐらいにあります。
感覚的に竿を動かし、自在にルアーを動かせる様になるための近道は、レギュラーテーパーやスローテーパーの竿を使う事かと思っております。
私は、時折身内の会社や団体の釣りのガイドとして、乗船することがあるのですが、そのまま東京湾のジギングに興味を持って頂き、「竿はどんなの買えばいい?」と相談してくる方にはレギュラーテーパーであることと傾斜ガイドである事は必ず伝えてますね。


で、長々となりましたが次に紹介したいのがこちら。↓
画像クリックで、詳細な商品画面に飛べます。

「パームスエルア メタルウィッチクエスト タチウオ MTSC-633T」
アングラーズリパブリックという神奈川県発祥の企業の竿です。
どういう竿かといいますと、先程紹介したのは、シーバス攻略にやや比重を置いたものですが、こちらはタチウオ攻略に特化したものです。シーバスジギングで使用する場合は、先程の竿をメインとしつつ、どうしても潮の流れが速い+水深が深め、みたいな状況で、予備にあったらあったで、使えるかな~ぐらいです。
それと東京湾の生態系が最近一段と良くなり、青物なんかも良く回遊してくるのでそれらにも対応できます。
初心者に向けて一言でいうなら、タチウオ釣りたいなら、セール商品の中ではこれが価格的にも最強かなと。

一昔前までは、パームスの竿=猛者ご用達の竿、なので敷居も値段も高いから、購入に抵抗を持たれてた方もいるかもしれません。
ただ、パームスエルアといい、低価格帯でも、トップレベルで戦える商品群?みたいなのが出てきて、これもそのひとつです。

この商品をお勧めする点としては、自分がそもそも、外房とかの青物ではパームス系のロッドのヘビーユーザーであり、この会社を信頼している点、ルアーウェイトや対応ライン号数などなどスペック的にも東京湾のタチウオジギングだったらこれ一本あればどうとでもなるっちゃなる、そもそも初心者にお勧めしやすい値段(現状アマゾンより2000円ぐらい安い)、傾斜ガイドである、ことですかね。

(※東京湾のタチウオジギングに関しては、たびたび記事にしてますので、具体的な情報はそちらで見てください。)

もし、自分がいま持ってる道具をすべて壊して、今から新しくタチウオジギング用の竿を買わなければならない、なんていう状況(ありえないけど)になったら真っ先にこれ買うと思いますw

なんでかといいますと、最近の東京湾でのタチウオは、年中狙えるターゲットとなりました。昔は一時期、「1本釣れたらラッキー!」っていうぐらい魚影が薄かった年もありましたが、ここ何年かで、良く釣れるようになり、そんな時期があったことがそもそもウソかのように思えるようなレベルになりました。

個人的な意見ですが、タチウオが突如、どかどか釣れるようになった原因は、群れの広域化かなと勝手に推測してます。
東京湾のタチウオが幻みたいだった先述した時代では、正直いって釣り場が限られてました。釣り場というか船が向かうポイントですね。
今では、アジのポイントだった走水で、ここ何年かでタチウオがつれ始め、浅場でいうと観音崎周辺、海堡周り、本牧、去年でいえば、なぜか羽田空港や、夜型、運河の河口でも釣れちゃったり、とにかくいろんなとこで狙える可能性がでてきたんですよね。
もともと東京湾で、ジギングをやっていた私のような人からすればありがたいことこの上ないのですが、同時に色々な所で狙うとなると、それら海域に対応する竿やルアーなど、適材適所で投入しないといけない、というか、そうでもしないとむしろ苦しい釣果に繋がる事態にもなりました。この場合の苦しい釣果、というのは釣れないとかじゃなくてですね・・・まあ釣れることは釣れるんですが、中級者以上の人間からすると、やっぱり数釣りたいとか、ビッグワンを釣りたいとか、そうゆうレベルでのお話。
ちょっと、前置きが長くなりましたが、この竿は、その様々な海域に1本で高い次元で対応すると思います。
基本的に走水で釣りをする場合は、150g前後のジグを使用しますし、30m~50mぐらいの、観音崎や海堡では、100gから~130g、がメインになり、本牧とか、あるいは、海堡周辺でも潮が流れてない時は80gとか100gとかも全然使用します。この竿は80g~200gまでといろんなジグを載せられるんですよね。ただこのカタログスペックをうのみにしてほしくない部分もあります。
何故かというと、例えば、商品カタログに120g~300gまで使えるよ!って記載されてるロッドを使って、カタログ通りに120gのルアーをつけたけど、使いづらいなあ、なんて感じて、買い物を後悔する釣り人をたびたび見かけましたし、自分も同じ経験をしたことがあります。特に青物ロッドとかですかね?
じゃあこれも80gから使えるけど80g使ったら、竿の固さとジグのアンバランス感に困ってしまうの?と、不安に思うかもしれませんが、この竿はそもそもタチウオをターゲットとしたジギングロッドであり、業界的に言う、LJロッドとか、ジギングロッドとか、使用用途が曖昧なロッドではないんですよね。
ここ最近のタチウオロッドっていうのは、とにかく柔らかいのが主流なので、80gのジグだろうが、100gだろうが、それこそ200gだろうが、使用感で困る事はないと思います。
ルアーウェイトとロッドのバランスの話で長々となりましたが、タチウオジギングというのは、以前のいくつもの記事で何度も言ってますが、繊細なゲームです。
なので慎重なタックルチョイスを常に必要としてますが、この竿なら全然対応できるでしょうし、スペック的にも理想的です。
なので、まずタチウオを攻略するために一本欲しい!だったら間違いなくこれかな?と思いますね。

ロッドを紹介したので、一緒にセール品の中でも私が注目するリールも紹介していきたいところではありますが、ちょっと記事が長すぎるので、また明日、リール編の記事を書こうと思いますw

1番最初に紹介したロッドは、シーバスを主要なものとして、紹介していますが、浅場のタチウオは、場合によっては後者のロッドよりもアブのロッドのほうが、効果的な場合があります。
カタログスペックは、前者は120gですが、130gとか150g乗せても全然問題はありません。シーバスしかやらないのであれば、後者のロッドの必要性はかなり薄いと思います。
ただ、シーバスもタチウオもやりたい!なんていう場合は、前者と後者のロッドの最低でも2本持ちが良いと思いますね。
タチウオジギングは、繊細で、難しい部分があり、1本の竿で、どこまでも補完するっていうのは技量が要求されます。
また、タチウオゲームの難しさ、楽しさ、奥の深さ、に関して記事を近い内に書こうと思います。
長くなりましたが、御閲覧頂きありがとうございました。
またリール編、とタチウオゲーム、シーバスジギングに関する記事を書いていこうかと思います。今度はさぼりません。w
今回の記事は商品紹介に比重を置いている点、それと初心者でもわかりやすく、を心がけて書き上げましたが、反面、中級者の方からすると、部分的に曖昧かもしれません。
気になった方はコメント頂ければ対応します。
明日のうちに、リールに関して、今週中にタチウオジギングについて、そして、そろそろシーバスジギングのシーズンがきますので、10月末には、シーバスジギングについての記事を順次書いていこうと思います。
今後もあっくんぶろぐをよろしくお願いいたします~w